野良猫だった兄弟・もこみち&まみ

はじめまして。もこみち&まみです。

茶トラがもこみち、キジトラ(サバトラ?)がまみです。

2匹は実は野良猫の子供で、母猫がうちのガレージに連れてきたことから保護することになりました。すでに猫はたくさん飼っていたので、本当は増やすことは抵抗があったのですが、以前飼っていた茶トラの初代もこみちが突然死してしまい、同じような可愛い茶トラをもう一度飼いたいという気持ちがあったのです。

最初は、茶トラだけを保護するつもりでしたが、鈍くさいキジトラの弟が野良のままで生き残っていくとは思えず、両方を保護しました。すでに警戒心が付いていたので触ることはできず、保護は捕獲器を使いました。

 

保護のあとは、個室で2匹を育てていたのですが、初めは慣れてくれず、しかもトイレのしつけもなかなかできず、とても苦労しました。でも、根気よく接したところ約2ヶ月で抱っこもできるようになり、4年を過ぎた今は完全な室内飼い猫として暮らしています。

本当は、もう一匹、茶白の猫とで3兄弟だったのですが、茶白はいつの間にかいなくなってしまいました。やはり野良猫のままで無事に大人になれる確率は低いのだと感じさせられました。

母猫は2匹とは全然似ていなくてシャムか、ヒマラヤン系。子どもたちはお父さん似のようです。

2匹はとても仲が良く、いつも一緒に過ごしています。茶トラのもこみちは明るく、人懐っこい性格で、人間と過ごすのも大好き。

逆にまみは、警戒心が強くて、私たちにもまだ完全に心を許していないようです。どちらかというと人よりも猫が好きなタイプ。

とてもよく食べますが、スリムな体型で、去勢手術後も太ることはありませんでした。

保護の後は、壁紙を破られたり、障子をビリビリにされたりと壊れたものも多かったけれど、それ以上に毎日が楽しく、保護して本当に良かったと思っています。

これからも、2匹仲良く、元気で楽しく過ごそうね。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする