私の家族シナモン

2週間前に私の家族となったシナモンちゃん。

私は文鳥を飼ったことがなかった。さし餌のしかたすらわからなかった。

私たちからすれば子供に離乳食をあたえるそんなかんじだ。はじめての体験、どうやってあげればいいのかこれでいいのかな?たくさんの不安があった。

でも、以外に簡単で、一生懸命くちをあけてはやくちょーだいって鳴くのだ。お腹いっぱいになれば、くちもあけない。もういらないよって教えてくれる。

最近はいっしょに紐を使ってつなひきをしたり。シナモンってよぶと頭や肩に飛んでくる。

最近は夜が寒く。

ヒーターの上にのって温まっている。そんな姿がまた愛おしくかんじるのだ。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする