福の手はなくても元気です

我が家には二匹のプードルがいます。12歳の椎菜と13歳の福です。

二人とも もうシニアと呼ばれる年齢なので 今年あたりから家では 寝ている時間も長くなりました。ですが大好きな お散歩の時は 元気いっぱいです。

私は この子達の笑顔が大好き。

今日は二匹のうちの一匹の福のお話を書きたいと思います。

福はアプリの男の子で 我が家に来た時から 当時我が家にいた先住犬を押しのけて 好き放題やらかしてくれる可愛い子です。

 

福ですが 彼は右前足がありません。生まれつきではなく ブリーダーさんが 子犬を産ませたのが初めてだったそうで 可愛くて何度も出産後に子犬を見に行ったそうで 子犬を取られると感じたのか母犬が福をいきなり食べ始めたそうです。

福は沢山鳴いて ブリーダーさんはそれでも母犬の口から福を引き離してくれました。

聞いて悲しくなる愛だと思いました。

福の手がない事で 福は我が家に来た生後2ヶ月から これまでほぼ毎日一回は散歩の際に 「足がなくて可哀想」「足がないのに頑張ってるね」「何で足ないの?」と言われてきました。その度に悲しくなりまた。福は 足がなくても元気ピンピンですし 本人は物心ついてからはその姿なので全く気にならず上手く三本の足でぴょんぴょん歩いています。

福はそのままで福なのです。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする