犬派だった私に訪れた、猫との暮らし

4年前、職場の駐車場でヒマラヤンにそっくりなもみじを拾った2か月後、保護された白猫のkiriに出会いました。kiriはカラスにやられていたようで、ケガが完治したら里親さんを探すということで一時預かりの予定でした。

しかし、そろそろ里親に出ても大丈夫というところまで回復した頃、夫とともに里親さんにお渡しする場面をふとシュミレーションすることに。その途端2人とも(特に夫が)ジーンときてしまい、そのままもみじの妹分として我が家の一員になりました。最初は威嚇していたもみじですが、ふと見るとkiriがもみじにもたれかかって一緒に眠っている姿が!お互い子猫で月齢が近かったからか、数週間ほどで打ち解けた様子でした。

我が家に息子が生まれると、持病の尿路結石も相まってか、もみじはあちこちにマーキングするようになってしまい、どうしたらよいものが悩みました。トイレの数を増やしたり砂を何種類も試してみたものの気に入った様子はなく、最終的に落ち着いたのが、取り外したトレイに新聞紙を敷いたものでした!臆病でおっとりしていて、ご飯を取られそうになっても黙ってみているような長女もみじ。大好物はヨーグルト、三角折りしたビニール袋をドリブルするのが大好きです。

一方、身体も小さくてあんなにボロボロだったkiriは、甘えん坊な性格の反面、窓越しにやって来た野良猫が威嚇してくる時はもみじをかばうようなたくましい姿を見せています。ただ、網戸もスライドさせ、ドアノブもジャンプして開けてしまうので、脱走対策がこれまた大変!さらに、息子を腕枕をしていたはずが、朝起きるとその間に割って入って私の腕のなかで眠っていたり、洗面所のシンクの中でくつろいでいたり。面倒見がよく、人間味あふれるような面白い動きで周りを笑わせてくれる憎めない次女です。

現在は推定4歳になった2匹ですが、一緒に遊んだり、冬になると寄り添って眠ることもよくあり、仲良く過ごしています。

わが家に来てくれ、犬派だった私には思ってもなかった猫との暮らしをくれたふたりに感謝です。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする