旅するインド猫1

スティッチ(白オス)とライロ(ジンジャーメス)です。インドのムンバイの道端からレスキューされてインド初の保護猫・猫カフェに連れさられた時には、まさかまさか、この子たち数カ国を旅するなんて思ってもいなかったはず。

ちなみにムンバイってこんな街です。
野良犬だらけで、猫はもちろんペットを飼うという風習もあまりありません。飼う方も、1匹のつもりだったのだけれど、この子とこの子はセットなのー。猫って社交的だから2匹以上で引き取ってねと言われ・・言われるままに23階のお部屋に引き取られた2匹。インド滞在中、ライロはミシン糸を飲み込んで大手術をするほどの事故にも遭いつつ、飼い主の引っ越しに伴って、面倒臭い出国手続きをしてからいざ、アメリカへ!

幸いルフタンザ航空なら、機内持ち込み可能ということで、ドイツ経由。7時間フライトが2回でも、貨物に入れられるよりはいいよねと・・・スティッチ、最初のフライトは7時間延々と鳴き続けたのだけれど・・・涙

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする