我が家の宝物、柚子

我が家には一匹の茶白猫「柚子」が暮らしています。

柚子との出会いは3年前のこと。その時の柚子は片手の平に乗るぐらいの小さな小さな赤ちゃん猫でした。

あまりの小ささに不安を感じながらも、家族皆で協力して育て上げました。2、3時間おきの授乳を始めしんどいことも多かったけれど、病気になることもなく無事に育ってくれました。今ではあのころのことは全て大切な思い出です。

 

3年がたち、柚子はすっかり大きくなりました。あんなに小さかったのが想像できないぐらい立派な大人の猫になりました。そして今では、柚子は私達家族にとってかけがえのない宝物です。

柚子がいる場所は家の中でもとりわけ気持ちの良い場所です。おひさまの光が差し込んで、風の通る場所。そして何よりそこには柚子がいる。気が付けば、休日には柚子の周りに家族が集まるようになりました。柚子のおかげで、家族の絆も深まったような気もします。

柚子、いつもそばにいてくれてありがとう。油断しきってひなたで熟睡してる姿を見るだけで心が和みます。

柚子、我が家にやってきてくれてありがとう。悲しいことや苦しいことがあったときも、柚子が家で待っていてくれると思えば元気が出てきます。

これからもずっとずっと私達のそばにいてね。心からそう願っています。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする