●重鎮、ミュくん

我が家の重鎮、ミュくん。
ニャンちゃんは現在、6匹いますがミュくは一番の古株で9歳になったおとこのこです。
ミュくんとは運命的というか誰かの仕業というかある日、玄関に猫のなきごえがするので玄関を開けると黒猫の子猫がいました。
ダンボール箱に入った状態でないていました。
絶対に誰かの仕業です。その当時は猫は飼っておらず犬を3匹室内で飼っていました。
それを知っていた人がわざと置いていったのかと動物好きな家族だからきっと飼ってくれると思ったのかもしれません。
こんなことされたら無条件で飼うしかありません。
置いていった人の思惑とおりミュくんはその日から家族になりました。
我が家のはじめてのニャンちゃんでケージ、トイレ、爪とぎなどいろいろとその日のうちに揃えました。

あれから早いもので9年が過ぎその間に5匹の仲間(後輩)が増え今では私がみても貫禄があるなあと思うような振る舞い。
なにがあっても勇壮と落ち着いていて慌てません(猫の世界観では実際はどうなのかわかりませんが)。
毎日、ニャンちゃんたちの平和と安心して過ごせるよう見守っているようです(そんな感じにみえます)。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする