ハリネズミの温度管理 寒さ対策と暖房アイテム

ハリネズミの温度管理 寒さ対策と暖房アイテム

ハリネズミは寒さにとても弱い動物です。
私たちが肌寒さを感じる10月から、冬の寒さに備え準備に取りかかりましょう!

ハリネズミを飼育する上での注意点

ハリネズミの飼育で一番の難関が冬の温度管理。
ハリネズミは夜行性の動物です。日中は巣箱の中で眠り、暗くなるとケージの中をゴソゴソと動き回ります。活動とともにエサを食べはじめ、回し車で走ったり部屋んぽをさせることで体温が上昇して健康を維持します。

室温20℃以下になると、途端に動きが鈍くなり体温が下がります。体を丸めて動かなくなると、そのまま冬眠してしまうことも。
この状態が続くと、とても危険です!冬眠状態を放置すると、体温が下がり仮死状態になってしまいます。冬眠から起こすことができても安心しないでください。冬眠を繰り返すうちに内臓に負担ががかり、急死してしまうことさえあります。
特に日本の冬は、ハリネズミにとって一番苦手な季節です。適温を保つために温度管理が重要です。

ハリネズミの適温

ハリネズミの快適な温度は24~29℃、湿度は40%程度が理想的です。
デジタルタイプの温湿度計をケージ内に設置して管理しましょう。

寒さ対策のための暖房アイテム

ハリネズミの暖房アイテムは主に3つのタイプに分かれます。

ケージ下部から温める

ケージの外側下部から温める薄型のパネルヒーターと呼ばれるタイプ。
ケージの外側から床部分に敷いて使用します。

ケージ内に設置して温める

ケージ内側下部に設置して温めるタイプ。
ハリネズミが寒さを感じた時に、暖房器具に身を寄せて体温調節ができます。

ケージの上部から温める

ケージ内の天井部分に設置して温めるタイプ。
遠赤外線で熱放射し、ケージ内をじんわりと暖める効果があります。

その他

  • サーモスタット
    ケージ内を一定温度に保つ機能があります。
    例えば設定温度を26℃にセットします。26℃以上になると電源がオフになり、26℃以下になるとオンになります。
    サーモスタット単体では暖房機能がないので、お手持ちの暖房器具を接続して使用します。
  • 保温電球
    ケージ内部に固定して周囲の空気を暖める電球型ヒーターです。
    カバー付で電球の表面はコーティング加工されているため、割れないように設計されています。

ハリネズミは寒いとどうなるの?

飼育下のハリネズミは、ヨツユビハリネズミという品種で、主にアフリカのセネガルからザンベジの草原地帯に生息しています。
この地は熱帯乾燥気候で年間平均気温は25℃程度。最低気温約22℃、最高気温約28℃の過ごしやすい気候に生息しているため、冬眠することはないのです。
日本の冬は暖冬と言われても、12月~3月にかけての平均気温は約6~10℃。この気温では、ハリネズミにとって冬眠リスクが高まることになります。

まとめ

ハリネズミは暑すぎると夏眠に、20℃以下になると冬眠することを覚えておきましょう!
温度管理さえしっかりしていれば飼育しやすい動物です。

 

🐀きゅーぺっつマガジンのげっ歯類の記事をよむ🐀

ハリネズミと心を通わす方法―基本的なお世話の仕方から注意点まで徹底解説

2018年、ハリネズミブーム 到来!?

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする