うさぎを飼うなら要注意の病気「スナッフル」について解説

うさぎを飼うなら要注意の病気「スナッフル」について解説

うさぎは体調が悪くても平気なふりをしてしまうことが多い動物です。知らぬ間に病気をこじらせてしまった、なんてケースも少なくないので常に体調をチェックしてあげる必要があります。
今回はうさぎがなりやすい病気のひとつ「スナッフル」について、その症状や対策をご紹介します!

スナッフルってどんな病気?

スナッフルはうさぎに多い鼻炎の総称のことであり、パスツレラ菌や黄色ブドウ球菌の感染が原因となって発症することが多い呼吸器の病気です。症状としては初期だと鼻水、くしゃみ、目やに、涙目などが見られます。風邪のひき始めのような感じですね。
病気が進行すると濃くドロドロとした鼻水が出るようになり、鼻周りや前足の内側の毛のごわつき、涙の白濁、呼吸音の異常などがみられるようになります。
うさぎは基本的には鼻で呼吸するので、鼻が詰まってしまうことは大きなストレスです。口を開けて呼吸している姿が見えた場合は、スナッフルにかかっているかもしれません。

スナッフルになってしまう原因

うさぎは警戒心が強い動物で、環境の変化にも敏感です。ストレスを感じることによる免疫力の低下や、寒い環境に置かれることなどがスナッフルの原因になります。赤ちゃんうさぎ、高齢のうさぎ、別の病気で体が弱っているうさぎは発症のリスクが高いです。
くしゃみは健康なうさぎでもしますが、頻度が多いなと感じるようなら要注意。
うさぎ同士で感染してしまうことがあるので、多頭飼いしている内の1頭がスナッフルになってしまったら別のうさぎと離しましょう。

スナッフルの治療法

スナッフルの症状が疑われたらできるだけ迅速に獣医さんの診察を受け、原因となっている感染菌の特定とそれに応じた抗生物質の注射が必要になります。
ただ人の病気と同じで早期の発見と治療が大切。まだ症状が軽いうちに見つけられれば必ずしも投薬する必要はなく、ストレスの原因を取り除いて暖かな環境におけば自然回復も見込めます。
元気になってもスナッフルの原因菌は所持していることもあるので、回復後しばらくは再発していないか、別のうさぎへ感染させてしまわないか、などを気にかけておきます。

スナッフルの予防法

スナッフルの予防には、うさぎがストレスなく生活できる環境を整えてあげることが一番大切です。具体的には

  • 牧草だけでなく野菜など栄養価の高いご飯をあげる
  • 十分な広さのケージを使う
  • ケージはこまめに掃除して、住環境を清潔に保つ(とくにトイレ)
  • 騒音や振動などのストレスを与えないようにする
  • 空調を使って温度・湿度を安定的にする(室温は23℃、湿度は50〜60%くらいが目安)
  • 冬場は隙間風の吹き込みがないようにする

などを意識できると良いです。

季節の変わり目や引っ越しなど、環境が変化したタイミングはとくに気をつけてあげてください。

まとめ

うさぎに良く見られる病気である「スナッフル」について解説しました。
スナッフルの初期症状はただの風邪のようなので、しばらくすれば治るだろうとの判断から放置されてしまうこともあります。しかし治療が遅れると重症化し、最悪の場合は呼吸困難から急死してしまう危険性もなくはありません。大丈夫だろうと軽く考えずに普段から健康状態をチェックして、異変を感じたらすぐに病院で診察を受けるようにしましょう!

 

🐇きゅーぺっつマガジンのうさぎの記事をよむ🐇

ウサギを飼うなら知っておきたい!ウサギの習性やしぐさの意味

ウサギを長生きさせる秘訣!!

ウサギがかかりやすい4大病気と体調が悪いときの4つのサイン

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする