柴犬を仔犬から飼いたくなる理由

柴犬を仔犬から飼いたくなる理由

むかしから飼ってみたい犬種ランキング上位にはいる柴犬。その魅力は一言では語りつくせませんが、素朴なルックスと飼い主に忠実な性格は、たくさんの人に愛される大きな理由ではないでしょうか。また室内飼いが増える現在、『日本犬』の中で柴犬は唯一の小型犬といったことも、要因の一つなのかもしれません。
そしてなんといっても、仔犬時代の柴犬は、愛嬌たっぷりでふわふわ柔らかく、思わず顔がにやけてしまうほど愛らしいものなのです。そんなかわいい仔犬が、凛とした成犬へと成長していきます。その変化も、柴犬ならではの楽しみではないでしょうか。
つかぬ間の仔犬時代を一緒に暮らせば、きっと柴犬をさらに好きになることでしょう。
それでは早速、仔犬から飼う時のポイントをご紹介します。

柴犬の入手先は?

今回お勧めするのは、ブリーダーさんから直接入手するという方法。なぜかというと、ずばりその仔犬の両親に会うことができるからなのです。親をみれば、その子が大体どれくらいの大きさになるのか知ることができます。そしてある程度性格も予想することができるのです。
また飼育のプロであるブリーダーさんに、直接お話が聞けることも重要ポイントの一つです。飼育方法からしつけ方,ブリーダーさんおすすめのドックフードまで聞くことができるのです。

さらにブリーダーさんの中には、柴犬だけを専門としている方もいます。そういったブリーダーさんは、柴犬の十分な知識を持ち、また長年の経験から、健康状態も気質も素晴らしい柴犬を繁殖させています。お住まいの地域にそんなブリーダーさんがいれば、柴犬の入手先として最高ですね。インターネットや専門書で、お近くのブリーダーさんを調べることができます。ぜひ入手先として、ブリーダーさんを候補に入れてみてくださいね。

お住まいの地域にブリーダーさんを見つけることができたら、直接連絡を取ってどんな仔犬がいるか聞いてみましょう。インターネットで販売可能な仔犬の画像が載っている場合もありますので、チェックしてから連絡をするのも良いですね。
そして必ず実際に会いに行きましょう。タイミングが合えばたくさんのかわいい仔犬たちに会えるかもしれません。

仔犬を選ぶ時のポイントは?

次は仔犬を選ぶ時のポイントです。

まず親犬を見せてもらって、成犬になった時の大体の大きさを確認し、体質や性格についてブリーダーさんに質問してみましょう。成犬になった時のイメージが付いてから、仔犬に会うのがお勧めです。ぬいぐるみのようにかわいい仔犬たちを目の当たりにすると、理性を失って後先考えずに購入してしまう危険性があるので、注意してくださいね。

その後は、簡単です。選ぶポイントはただ一つ。飼い主さんと仔犬のフィーリングしかありません。たくさんの兄弟犬の中で、ひときわ目を引く子がいたり、逆に仔犬の方が飼い主さんの方に思いっきりしっぽを振ってきたり、相性を大切に仔犬を選ぶことがとても重要なのです。抱っこしたり、おもちゃで遊んでみたり、思う存分触れ合って大切な家族となる仔犬を選んでくださいね。

さぁ仔犬を家に連れて帰りましょう!

お気に入りの仔犬が決まったら、早速お家に連れて帰りましょう。そのためにも、事前の準備は必要です。ケージや給水タンク、トイレやお昼寝マットなど前もってそろえておけば、すぐに連れて帰ることができますね。この時、準備しておくと便利なのが、新聞紙です。トイレトレーニング中はいろんな場所で粗相してしまうもの。新聞紙を敷いておけば、イライラせずにすみますよ。
また、ブリーダーさんが簡易のキャリーケースを用意してくれる場合がありますが、ひとりで車や電車などで連れて帰ると決まっている場合は、前もって買っておいても良いかもしれません。
そして、今まで食べていたドックフードを教えてもらうか、1か月分くらいわけてもらいましょう。柴犬は、環境の変化で下痢をしやすい犬種です。出来るだけ変化が少ないよう飼育環境を整えてあげることがとても有効です。餌を変えない事や、給水方法を同じにしてあげるだけで、ずいぶんストレスが減るので、ぜひブリーダーさんに聞いてみてくださいね。

柴犬との暮らしがスタート!注意点は?

柴犬の仔犬との生活が始まると、飼い主さんはそのかわいさに一日中抱っこしていたい気分になるはずです。しかし、環境に慣れるまでは少しがまんして、仔犬の様子を見守ってあげましょう。
そして、トイレトレーニングは初日から行います。トレーニングといっても、厳しくしつけることはせず、自然な生活のリズムを付けてあげる感覚で行います。眠るときはハウス、排せつはトイレと場所をしっかり決めてあげることが大切なのです。

仔犬が新しい環境に慣れてきたら、たっぷりスキンシップをとってかわいがってあげましょう。仔犬のうちにたくさん触れられることで、フレンドリーな柴犬に育ちやすいのです。

しかし、しつけはしっかりしなければいけません。人にかみついたり無駄吠えをしたりと、ダメな行動をそのまま放置しておくと、成長したときに手が付けられなくなる可能性があります。根気よく、毅然とした態度でダメなものはダメと教えてあげましょう。どんな時も飼い主さんに主導権があるようにすれば、頭のいい柴犬はすぐに社会性を身につけるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?『柴犬を仔犬から飼いたくなる理由』は、その成長の過程でのギャップを楽しむことが出来るところなのです。
小さくて柔らかくて、甘えん坊の仔犬時代を経て、奥ゆかしい愛情表現でそっと寄り添う成犬になる柴犬。お近くのブリーダーさんを探して、ぜひたくさんの兄弟犬たちと戯れる愛らしい仔犬を見に行ってください。そして、一生のパートナーを見つけてくださいね。
柴犬は飼い主さんが愛情を注いだ分だけ絆が深まり、素敵な家族になること間違いなしですよ。

 

🐶きゅーぺっつマガジンの柴犬の記事をよむ🐶

豆柴と柴犬の違いは?豆柴の基礎知識と飼い方をまとめました

柴犬の性格タイプとジャストな洋服の選び方

室内飼育するなら小型犬!人気の小型犬5種の性格と特徴まとめ

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする