犬にも反抗期があるって本当!?反抗期の特徴と対処法とは?

犬にも反抗期があるって本当!?反抗期の特徴と対処法とは?

反抗期とは自我が目覚め、親の言うことにいちいち反発したくなる時期のことをいいますが、どうやら人間の世界だけのことではないようです。

犬にも反抗期があると断定はできませんが、反抗期に似た態度をとる時期があるといいます。犬の反抗期の特徴と愛犬への対処法をご紹介します!

犬の反抗期は何歳頃?なぜ起こるの?

犬の反抗期と呼ばれる時期は、わかりやすいもので生涯に2回程度あるといわれています。1回目は大体生後半年頃。2回目は2~5歳頃の間に起こることが多いそうです。

ただ、個体差によって違いがあり、もともと気が強くやんちゃな性格の子であれば、反抗期に似た態度は出やすいですし、おとなしい性格の子には反抗期のような時期はないともいいます。

犬にも人と同じように成長とともに自我が芽生えます。生後3か月頃までは、親や兄弟のもと様々な事を学ぶ社会化時期です。この時期を過ぎ、自分でも考えて行動するようになる生後半年頃に、1回目の反抗期がやってくるといいます。

2から5歳という幅広い年代では、主に性格が影響してきます。自我の強い犬の場合は特に、「今まで言うことを聞いていたけど、本当にやる必要があるの?」「なんで、こんなことしなきゃいけないの」と思ってつい反抗してしまうのかもしれません。

反抗期に表れやすい行動

「これって反抗期?」と疑う主な行動をいくつかご紹介しますので、愛犬が当てはまるかどうかチェックしてみてくださいね。

  • 今まで出来ていた「おすわり」「待て」など基本的なコマンドをしなくなった
  • 吠える、うなるなどの威嚇行動が増えた
  • 聞こえないふりをするようになった(耳が遠くなっているシニア犬は別です)
  • 歯磨き、ブラッシングなどのお手入れを嫌がってさせなくなった
  • 散歩中に「立ち止まる」「動かない」「座り込み」などストライキ行動が頻繁になった
  • 散歩中に主導権を握りたがるようになった
  • おやつやご褒美がないと、「おすわり」どころか「お手」さえしなくなった

今までは出来ていたのに、ある時期から急にしなくなったというのがポイントです。子犬の頃からのしつけや、その子の性格によっては最初から反抗期のような態度をとる子もいます。

上記であげた項目に当てはまるからといって、全ての子が反抗期であるとは言えませんので、判断するには日頃からの愛犬とのコミュニケーションが大切になってきますね。

また、トイレができなくなった、偏食するようになったなどの場合、体調が悪いことも考えられますので、一度かかりつけ病院へ相談することをおすすめします。

反抗期の愛犬への対処法

では、反抗的な態度や行動をとるようになった愛犬へは、どのように対処したらよいのでしょうか?

一番大切なことは、うろたえず堂々とした態度でそれまでと変わらず接することです。犬は順位付けをする動物ですから、反抗期には自分が上の立場になろうと飼い主を試す行動をするともいわれています。

愛犬の立場が一番上にならないように気をつけましょう。特に大型犬や和犬を好き放題させてしまうと大変です。ダメなものはダメと現行犯で叱り、ストレス発散など必要な要求には愛情をもって応えてあげてください。

反抗されると、つい怒鳴りたくなりますが怒りすぎるのは逆効果です。「抑えつける」「無理矢理言うことをきかせようとする」などの行動は避けましょう。信頼関係が築けず反抗心を強めてしまいかねません。

まとめ

犬の反抗期について、その特徴と対処法についてご紹介しました。「反抗期かな?」と疑うポイントは、あくまでも「今まできちんと出来ていた子が急に反抗するようになった」状態です。

最初から反抗的な性格の子もいます。愛犬の性格や普段の行動を把握して、反抗期がきたときには、どんと構えてそれを楽しむくらいの余裕を持って接してあげたいですね。

 

🐶きゅーぺっつマガジンの他の犬の記事をよむ🐶

子犬の初めてのお散歩

「犬っぱしり」と呼ばれる行動の意味とは?

犬が急が唸る心理

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする