【パグ週間】(5)パグとおでかけ!旅を楽しむための注意点

【パグ週間】(5)パグとおでかけ!旅を楽しむための注意点

いよいよパグ週間最終の記事になります!最終はパグとの旅行についてです。
パグはお出かけが大好きです。一度車に乗ってお出かけしたら、その楽しさを覚えていますから、いびきをかいて寝ていても「行く?」という言葉で一瞬のうちに目覚め、車に乗ろうとします。

愛犬と楽しい思い出を作るためにも、飼い主さんが前もって準備するものや、気をつける事を知っておくことは大切です。特に初めての場所は飼い主さんもびっくりするような行動をすることがありますから、是非今回の情報を役立てて頂けたらと思います。

持っていくと便利なもの

バスタオル

車中では事故防止の為にケージに入れる方もいらっしゃいますが、膝の上や隣の席に座らせても大丈夫です。その時滑らないようにバスタオルを敷いてあげると自分で好きな形にして包まって寝ますし、重ねるとクッション代わりにもなります。バスタオルは万能なので何枚か車に入れておくと便利です。

クッション

クッションも置いてあげるならからだが安定するのでお勧めです。自分で上手にあごを乗せたりもします。

ペットシーツ

ペットシーツは大判もあると便利です。車中では超大判タイプ(畳2/3の大きさ)がトランクの大きさとピッタリなので、これを敷いておくと旅先でちょっと足を拭きたい時にも乗せられますし、宿泊施設でも大きいシートは粗相防止になります。ですがこのシート薄いので宿泊先ではこの上にワイドサイズを二重にしたほうが安心です。

お水入れ

パグは車中でも呼吸が荒くなりがちですのでお水はこまめにあげてください。欲しくない時は自分でいらないといいますから。

いつものお食事セット

いつものごはんや普段使っている食器は慣れない場所で愛犬を落ち着かせます。この時も食器やお水入れの下にシーツを敷いて床や畳が汚れないようにするなら宿泊先にも親切だと思います。

いつものおやつ

旅先では何が起こるかわかりません。すぐに言うことを聞かせるためにもパグにとって
おやつの力は大きいのです。

キャリーバッグ&ペットカート

旅先ではいつもよりたくさん歩くのでパグはすぐ疲れてしまいます。抱っこタイプのバッグに入れたり、場所によってはカートに乗せたほうが楽な場合もあります。この時も持ってきたクッションやタオルを置いてあげるならからだへの衝撃が軽減されます。意外と舗装された道路でもカートの振動はあります。

保冷剤

ハアハア言い出したらすぐに脇にあてられるように、車中でもすぐ取れるところに置いて下さい。スーパーなどでもらう保冷剤は周りが脇にあたると痛いので、愛犬用に肌に直接あたっても痛くないものを用意してあげて下さい。

厚手の除菌シートとジップロック

とっさの時に重宝します。

旅行中の注意点

休憩をこまめに取る

パグは息がしにくいので締め切った窓の中で高速を長時間走っていると息苦しくなって、窓開けて~と窓をカリカリします。しないとしても我慢していますから、休憩時間を多めに考慮した計画を立てて下さい。

飼い主さんたちは休憩を取らなくても大丈夫と思っても、愛犬の為に停まって思いっきり空気を吸わせてあげてください。

最近はドッグランがある所も増えてきましたがパグはちょこっと緑がある所でも喜びますし気分転換になりますから、予め旅先でのSA,PAを調べておくといいかもしれません。
HondaDogは写真付きでおすすめポイントが載せられていますので便利です。

真夏以外でも車中に愛犬だけにしない!

パグは暑さにとても弱いです。それはお天気の良い日の日差しさえ危険な時があります。トイレや食事の時に、ちょっとならという気持ちは絶対ダメです!必ずエアコンをつけて誰かと一緒にいて下さい。
愛犬を車から降ろす前にアスファルトの暑さチェックを忘れずに。

ドッグラン

よく飼い主さんは愛犬に友達を作ってあげたいとドッグランで、他のワンちゃんと仲良くさせようと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、パグは犬同士より飼い主さんと遊びたいのです。飼い主さん大好き犬です。ボールを投げてあげて下さい!

宿泊先で

到着しても気を抜かない

宿泊施設に着くと飼い主さんはホッとして気を抜きがちですが、愛犬も緊張が解けてハプニングが起きるのがこの時です。施設に入った途端、また施設の説明を聞いている時にオシッコやウンチをしてしまうかも知れません。

おすすめは車から出る時からお部屋までキャリーバッグに入れて運んであげる事です。愛犬も安心です。キャリーバッグでお部屋に行くにしてもリードで歩かせて施設に入るにしても、まず足を拭く事を忘れないように。大切なマナーです。

すぐにサークルの準備を

ペット専用の宿泊施設とペット可では施設の側のペット受け入れに対する温度差があるかもしれません。こちらも気持ちよくお泊まりするためにも、折りたたみ式のサークルを持っていかれる事をおすすめします。これがあればとにかく安心です。

多角形のサークルは運びやすく、広げると大きくて愛犬もストレスなく過ごせます。それでお部屋に入ったら飼い主さんたちがホッとする前にまず、サークルを広げてペットシートを敷いて愛犬を入れてあげて下さい。下ろした途端オシッコをすると思います。

愛犬はお部屋に入ったらトイレを探しますが、シートの準備ができていないほんのわずか気を抜いた瞬間にお部屋でおしっこやウンチをしてしまう事はよくあります。旅館などですと、畳ですから大変です。

お部屋の中は初めての場所ですし、色んな子たちのニオイもあります。どこに行ってもサークルがあれば愛犬も落ち着きます。

食事の時

ペット専用の施設なら食事の時も愛犬と一緒です。ですが、色んなお友達が来ていますから興奮しやすいところでもあります。足元で大人しく伏せができたらお利口さんですね。

まとめ

パグはお出かけが大好きです!旅を思いっきり楽しみます。歩きながらも飛んだり跳ねたり、楽しさをからだで表現して、今まで見たことのない幸せな顔を見せてくれます。それは老犬になっても変わりません。歩けなくなっても楽しんでくれます。

パグとお出かけする時はちょっと荷物が多くなってしまうかもしれませんが、それも愛犬のためです。愛犬の笑顔はプライスレス。子犬の時も大きくなっても愛犬の笑顔はかけがえのないものです。是非愛犬と旅の思い出を作って絆を深めていって下さいね。

 

🐶きゅーぺっつマガジンの他のパグの記事をよむ🐶

【パグ週間】(1)パグの赤ちゃんが来た!子犬のために準備する5つのこと。

【パグ週間】(2)これだけは知っておきたい!パグの育て方

【パグ週間】(3)パグの介護 愛犬が心地よく過ごすために必要なもの

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする