【パグ週間】(2)これだけは知っておきたい!パグの育て方

【パグ週間】(2)これだけは知っておきたい!パグの育て方

かわいいパグの赤ちゃんも、3,4ヶ月するとからだも大きくなって筋肉もついてきます。エサも普通の硬さでいい時期です。ウンチの様子を見て調整して下さい。これからは子犬が一番変化する時期です。
その変化のたびに飼い主さんもいろいろな疑問が出てきて悩むこともあると思います。それで今回はこれだけ知っておくなら不安も軽くなるかなと思った点をご紹介したいと思います。

体重は8キロまで

パグはとっても食いしん坊。あげればあげるだけ食べてしまいます。あの大きな目で見つめられると「ひとつだけだよ。」とついついおやつをあげてしまいたくなります。パグの理想体重は7キロちょっと。8キロオーバーは危険です。

何が危険なのでしょうか。それは息ができなくなってしまうからです。
パグの鼻の穴はもともと小さいので普段から呼吸がしにくいのですが、太ってしまうとその細い鼻孔がさらに細くなり、息ができなくなってしまいます。最悪手術になりかねないので、飼い主さんが体重をしっかり管理してあげて下さい。

食事の量は減らさない

太ったからといって量を減らさないでください。それは大きなストレスになります。フードを減らした分、野菜やささみをいっしょに茹でてあげたり、茹で汁をフードにかけてあげるだけで食欲が増すこともあります。

量を減らさずカサ増しをしてあげることが大切です。その子によって好きなものが違いますから、飼い主さんも楽しみながらトッピングを工夫してあげて下さい。

しつけは今!

このころから自我が出てきますので、「マテ!」、「よし!」、に続いていろんなしつけを教えます。「ノー!」という“いけないこと”を教えるのも始めて下さい。

この何か月かで愛情たっぷりにほめてきていますから、子犬は飼い主さんが大好きで、「なんでも言うことを聞きたい!」そして「ほめてもらいたい!」と思っています。この愛情が土台の関係がしつけをしやすくします。

特に大切なのは目を合わせること。
なぜ大切かというと、目を合わせることは「飼い主さんの話を聞きます」という服従関係の表われだからです。

最初はもちろん子犬は目を合わせることはできません。こちらから合わせられるように名前を呼びながら子犬の顔を見て、目があった瞬間に「GOOD BOY!」とほめてご褒美をあげてください。パグにはこのご褒美がよく効きます。

これを繰り返すと、目を見るといいことがあると学んでいきます。これができると飼い主さんの指示をちゃんと聞く子になります。ご褒美は量でなく回数が大切なので、あげる時はちょこっとでも十分です。

ケージにも慣れてきてるので、「ハウス!」といって、おうちに入ることを教えます。ケージの前で名前を呼び「ハウス!」といいます。その時ご褒美を見せると喜んで来ます。ご褒美を使って少しでも中に入ったら「GOOD BOY!」「おりこうさん!」と褒め言葉と一緒にご褒美をあげてください。自分から入るというのがポイントです。

お散歩の時間に決まりはない

よく散歩に関して1日何回何分とありますが、経験上、お散歩の時間帯も長さも、飼い主さんの無理のない時間で大丈夫だと思います。もちろん愛犬のために行ってあげたいという気持ちがあるのでお散歩は毎日行けたら理想ですが、時に行けないこともありますし、夏はむしろお散歩は控えた方がいい時期です。

5月頃でも日差しが強い時はアスファルトを触って熱さを確認してからにして下さい。パグはどちらかというと長い時間歩くと疲れてしまいますし、息がつらくなるので短めで大丈夫です。ストレスにならないようおうちの中でいっぱい話しかけたり、ボールで遊ぶなど時間をとって関心を示してあげるなら、愛犬は満足します。

お散歩はハーネスで。お洋服は抜け毛対策用に。

パグは首がないので首輪だけですとスルッと抜けてしまい、そのままどこかに行ってしまったら大変です。首輪はおしゃれ用で。お散歩はハーネスで行ってあげて下さい。

洋服は着せた方がいいのか?やっぱりかわいいので着せたいですよね。
パグを飼って意外だったのが毛がよく抜けるということ。毛がなるべく飛ばないようにするために、洋服を着せるというのもいいと思います。

夏は暑いので、基本なしで。
もし旅行などでどうしてもという時は、アウトドア用品を扱ってるドッグウエアはおすすめです。水に濡らして着せると涼しくなるものや熱を遮断するものもあります。

夏のパグの過ごし方

パグの育て方で1番お伝えしたい点がこの夏の過ごし方です。パグは暑さと湿度にとても弱いので、基本お散歩はNGです。お部屋でも温度と湿度管理は大事です。設定は23〜24度。人がちょっと寒いくらいがパグにとってちょうどいい温度です。湿度は40〜50度くらいが過ごしやすいと思います。夏は気を遣う時期ですが、大切な家族ですので十分管理してあげて下さい。

トイレの場所は多めに

トイレのしつけには失敗がつきものです。おおらかに対処してあげて下さい。飼い主さんがシートを置いても別の場所に愛犬がよくする場所がでてきます。シートを置いていない所でぐるぐる回り出したら、そこがシートの置き場です。シートでないところにしてしまったら、ぜひそこにシートを置いてあげて下さい。

まとめ

3歳くらいまではやんちゃ盛り。歯がかゆくてソファをガリガリ噛んでダメにしたり、嬉しそうに持ってきたものが自分のお気に入りの靴だったり。面白いことがいっぱい起きる時期です。それは後に楽しい思い出になります。
その時期を過ぎると逆にすっかりおりこうさんになってしまい、寂しく思ったりもします。ですからやんちゃな時期も楽しんで、愛犬との絆を深めてください。

パグは表情や身振りで気持ちを訴えてきますからコミニュケーションが取りやすいと思います。いっぱい話しかけて、触れて、愛情を注いであげて下さいね。

 

🐶きゅーぺっつマガジンの犬の記事をよむ🐶

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルと一緒に暮らす前に知っておきたいこと

ペキニーズと一緒に暮らす前に知っておきたいこと

フレンチブルドッグの魅力

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする