≪JAL・ANA≫国際線・国内線でペットと一緒に飛行機に乗る方法

≪JAL・ANA≫国際線・国内線でペットと一緒に飛行機に乗る方法

ペットを連れて旅行に行ってみたいけど、移動手段に何を使おうか悩んだ経験はないですか?引っ越しや旅行などで、車や電車を使って行ける距離ならペットと気がねなく一緒に出かけられるけど、移動でペットを連れて飛行機に乗る場合はペットの体調も考えて、前もって準備する必要があります。
ペットを飛行機に乗せる場合は、ペットにも大きくストレスがかかり、脱水症状やチアノーゼ(貧血)になる場合もあるので、こういったトラブルを無くすためにも私達飼い主が事前に何が必要で、何を準備しとくかを確認することで飼い主にもペットにもストレスを最小限に押さえる事ができます。

また利用する航空会社によってもペットの取り扱いルールが違うのでまとめてみました。

JAL/ANA(国内線・国際線)の搭乗までの流れ

事前準備や空港に着いてからの手続きは以下の順番です。

STEP1 事前準備

各航空会社の窓口に向かう。

  • JALペット運賃
    国内線 3,000~6,000円
  • ANAペット運賃
    国内線 4,000~6,000円(一部路線を除く)

(JAL・ANAも国際線は向かう場所により大きく料金が変わってきます。最低25,000円~になります。)

ペットクレートレンタルは無料です。

クレートをお持ちの人は自分のクレートをお使いになっても大丈夫ですが、レンタルする場合は当日レンタルも可能です。
クレートの空きがない場合、搭乗できなくなる可能性があるので、事前にクレートの貸し出し予約を航空会社にする必要があります。特に大型犬はクレートの数が少ないので当日レンタルせずに事前予約がオススメです。

(クレートとは犬を入れるプラスチック製や鉄製の頑丈なカゴです。クレートに限らず、ケージの種類によってはご利用できる物もあります。)

(JALの注意項目)

  • クレートとペットの重さが32キロ以上になると追加料金がかかります。
  • クレートとペットと預け荷物(自分の荷物)の合計が100キロ超えた場合は搭乗できません。

(ANAの注意事項)

  • ANAはJALと違いペットの重さに対しての追加料金はかかりません。
  • クレートとペットと預け荷物(自分の荷物)の合計が100キロ超えた場合は搭乗できますが、受付する場所が変るので係員の指示に従って下さい。

STEP2  確認書の用意

航空会社カウンターに記入用紙があるので当日に書くこともできますが、大型連休などの休日が重なる曜日はカウンターが込み合う場合があるので事前に記入することをおススメします。
JAL・ANAホームページからダウンロードできます。
JALホームページ https://www.jal.co.jp/dom/support/pet/
 ANAホームページ https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/support/pets/

STEP 3 ペットのチェックイン

出発時刻の30分前までに手荷物カウンターにペット用のサービスカウンターがあるので、そこでチェックインします。

サービスカウンターでペットを預かってくれた後に、カートで大切に飛行機の貨物室まで運んでくれます。
飛行機の貨物室は到着空港までペットを預かってくれる場所になります。貨物室では気温や湿度が管理されていますが、外気温の影響で客室と全く一緒だとは言い切れないそうです。

STEP 4 到着空港でのペットの受け取り

係員が直接ペットを連れてきてくれます。

JAL/ANA飛行機に乗れるペットと乗れないペットの種類

  • 預かってくれるペットの種類
    犬、猫、小鳥(種子・果物・昆虫を餌とするもの)ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、リス、チンチラ
    ※金魚、カメ、昆虫などの他の乗客に迷惑がかからない生物は機内持ち込みできます。
  • 預かってくれないペットの種類
    生後間もない子犬・子猫(JALは8週間以内・ANAは生後4か月未満)。
    妊娠中の動物。
    フレンチ・ブルドッグ、ブルドッグは預かってくれません。
     
    JAL:
    下記表①の犬種は国際線だと年間通期利用できません。
    国内線の場合は夏季期間中(毎年6月1日から9月30日まで)預かってくれません。
     
    ANA:
    温血動物(=定温動物、恒温動物)以外の冷血動物(=変温動物)であるカメ、トカゲなどの爬虫類や魚類は預かってくれません。
     
     ANAの場合も、下記表①の以下の犬種は国内線・国際線問わず年間通期利用できません。毎年5月1日~10月31日は短毛犬の搭乗ができません。
     
    (表①)   

    アーフェンピンシャー、ブリュッセル・グリフォン、ブル・テリア、イタリアン・コルソ・ドッグ、ペキニーズ、ペロ・デ・プレサ・カナリオ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、ピット・ブル、ボルトー・マスティフ、キング・チャールズ・スパニエル、パグ、マスティフ、シーズー、チン、ボクサー、シャーペイ、スタフォード・シャー・ブル・テリア、ポストン・テリア、チャウチャウ、チベタン・スパニエル、ラサ・アプソ

    *類似した犬種もダメです。
    理由としては、他のペットに比べて暑さやストレスに影響されやすいため、航空会社が対応できないからです。

ペットが乗れる航空会社の種類


国際線は航空会社の種類が多いので記載を省きますが、基本LCCは国内線・国際線問わず、ペットを預けることができないと考えて下さい。
ペットを預けることができる航空会社は国内線の場合、JAL・ANA・スカイマーク・ソラシドエア・エアドゥ・アイベックスエアラインズ・スターフライヤー・フジドリームエアラインズ・天草エアライン・オリエンタルエアブリッジが利用できますが、それ以外での格安航空はペットの搭乗が今のところ出来ません(2018年11月現在)。

LCCなどの格安飛行機は機体を最小限に軽くしているので、通常ペットを預けておく貨物室の空調設備などにお金をかけていないことも搭乗できない理由の1つかもしれませんね。

ペットと旅行に行く前には準備が必要


ペットを飛行機に乗せるには思っている以上にリスクがともなわれます。

私達がいつも利用している客室とは違い、貨物室では空調管理がされていると言っても完璧ではなく、中には熱中症にかかり体調を崩したペットもいます。

到着ロビーで係員に手渡されたペットがぐったりしていた、なんてことが無いためにも、最低限事前にできるケアとして動物病院で健康診断をして、飛行機に搭乗する前に気温などを考慮して服を着させたり、水・トイレのケアをしてあげる必要があります。

最終的にペットの年齢や体調を考えて飛行機の搭乗を取りやめる勇気も必要かもしれませんね。

 

🐶きゅーぺっつマガジンのペットとの旅行の記事をよむ🐶

備えあれば憂いなし!愛犬と旅行する時に持っていきたい7つのグッズ

愛犬と一緒に休日を楽しもう!関東で犬とお出かけできる場所7選

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする