わんちゃんにストレスにならないようにペットホテルに預けるには

わんちゃんにストレスにならないようにペットホテルに預けるには

みなさんはお出かけする時、わんちゃんをどうしていますか?
旅行などで、わんちゃんも一緒に泊まれるホテルなどがあれば連れて行ってあげると思いますが、まだまだそういったホテルは少ないのが現状ですね。知り合いや身内などに預けることもできるかもしれないですが、犬を飼っていない人に預けるのはなかなか難しいものです。
そんなとき、役に立つのがペットホテル。
わんちゃんのプロが面倒を見てくれるので、安心して預けることが出来ますが、慣れていない場所に預けられることは、わんちゃんにとってストレスになりかねません。
できるかぎりわんちゃんのストレスを軽減する方法をご紹介します。

社会化させておきましょう

わんちゃんの社会化の重要性、知っていますか?
社会化しているわんちゃんというのは、色々なわんちゃんや人、日常の様々な音などに慣れているわんちゃんのことです。
子犬の頃に社会化期というものがあり、色々な刺激に慣れやすい時期なのですが、その頃をペットショップなどで過ごしてしまい、その刺激に接することなく過ぎてしまうと社会化が充分にできていない場合があります。

ペットホテルに預けるということは、そのショップの店員さん、他のお泊まりのわんちゃんなどと一緒に過ごすということですから、そういったことに適応できるように、社会化していることが大切なのです。

飼い主さんがいない状況に慣らしておく

社会化ができていても、飼い主さんと離れることに慣れていないわんちゃんもいます。
分離不安症といって、飼い主さんが少し買い物に出るだけや、ひどい場合だとトイレに行くほんの少しの時間でさえ、離れることに不安を感じてしまい、吠えたり走り回ったり、イタズラをしてしまう子がいるんです。
この場合ですと、ホテルに預けたときに、飼い主さんと離れることがストレスになります。
社会化だけでなく、飼い主さんがいない状況でも落ち着いていられるようにしつけておくと良いでしょう。

わんちゃんが落ち着く持ち物とは?

わんちゃんをホテルに預けるときに、普段使っている物で一緒に預けられる物があれば、一緒に預けるようにしましょう。いつも使っているベッドや毛布はもちろん、飼い主さんのシャツなどでも構いません。自分や飼い主さんの匂いがついている、ということが大切です。
知らない場所に預けられて緊張しているわんちゃんにとって、いつもの匂いが近くにあるということは、安心できる材料になるのです。
また、ご飯やお水用のお皿などもいつも使っているものでないと食べなくなってしまうわんちゃんも稀にいますので、神経質なわんちゃんの場合は一緒に預けて、事情を説明しておきましょう。

いざと言う時のために

お出かけのときに預ける、というイメージが強いペットホテルですが、飼い主さんが入院するなど、やむを得ず預けなければならないという場合での利用もあります。
そんなとき、ストレスを感じることなくお留守番していてほしいですよね。
わんちゃんがどのように過ごせるかは、飼い主さんのしつけが重要です。急に預けなければいけなくなった時の為にも、わんちゃんが1人で過ごせるようにしつけをしておいてあげるようにしましょう。

 

🐶きゅーぺっつマガジンの犬の散歩の記事をよむ🐶

お留守番ができない犬には特徴がある?分離不安になる理由と3個の治し方

愛犬と一緒に休日を楽しもう!関東で犬とお出かけできる場所7選

一人でお留守番できないのは分離不安が原因かも!よくみられる症状と対策

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする