愛嬌たっぷりオカメインコ! 知られざる魅力に迫ります!!

愛嬌たっぷりオカメインコ! 知られざる魅力に迫ります!!

オカメインコが愛鳥家に選ばれる理由

オカメインコは、その名の通り‘おかめ’のように赤いほっぺがトレードマーク。頭の上についているピンと立った羽(冠羽)も何とも言えませんね。このように愛くるしい容姿からも、人気のあるオカメインコ。
しかし多くの種類がいる鳥類の中で、愛鳥家がなぜオカメインコを選ぶのか?!そこにはこんな秘密があったのです!
オカメインコは‘インコ’と名前が付く通り、人懐っこく穏やかな性格。しかし実はインコではないのです!オカメインコはオウム目オウム科の『小型オウム』。
「オウムは飼ってみたいけれど大きいし、性格も攻撃的な品種が多い…。価格も手が届かない。」といった愛鳥家たちにちょうど良いのが、この小型オウムのオカメインコだったのです!!

カラフルに進化したオカメインコ

昔はノーマルグレーと呼ばれる灰色のオカメインコが主流でした。しかし色のためか、たいして人気がでなかったようです。現在は品種改良などにより、白オカメインコと呼ばれる『ルチノー』、斑点模様の『パイド』、頬の斑紋が黄色っぽいパステルフェイスなどさまざまなカラーバリエーションのオカメインコが見られるようになりました。きっと自分好みのカラーのオカメインコに出逢えるはずです!

オカメインコを飼うとき気を付けたいこと

オカメインコはとても穏やかで温厚な性格をしています。その反面とても臆病な生き物でもあるのです。静かな環境で飼育していると、ちょっとした物音にもパニックになってしまうほど。普段から心地の良い生活音のする場所で飼育し、音に慣らしてあげると良いですね。また突然大声を出したり、かごを乱暴に扱ったりすると、オカメインコは錯乱状態になりかごの中で暴れまわることがあります。身体が大きい分、怪我のリスクも高まるので決して驚かせないように注意してくださいね。

知って得するオカメインコのかわいい性格

オカメインコは想像以上に人になつきます。行動も機敏ではないので、肩に乗せたまま一日中一緒にいることも夢ではありません。どちらかというと、メスの方がおとなしくゆったりとしています。オスはよくしゃべるようで、自分の名前をずっと口ずさむオカメインコもいるようです。
また、オカメインコを飼うならぜひ知っておいてほしいことがあります!それは、幼鳥から飼育すること。まだ羽も生えそろわないヨチヨチの頃から、触れ合い、餌を与えることで、より一層信頼関係が強くなり、一生のパートナーになること間違いなしです。飼い主さんだけに心を許し、甘えてくる姿は最高ですよ。

まとめ

オカメインコの魅力は伝わったでしょうか?
きっと飼い主さんが愛情を注げば注ぐほど、深い信頼を返してくれるのがオカメインコです。また攻撃性がほとんどないので、他の鳥ともケンカすることなく一緒に育てることも可能です。
右肩にオカメインコ、左肩にセキセイインコを乗せて暮らすこともできるのです。

 

🕊きゅーぺっつマガジンの鳥類の記事をよむ🕊

セキセイインコがいる生活ってどんな感じ?

初めてのスズメの飼い方

初めての文鳥の飼い方

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする