猫を多頭飼いする際の注意点

猫を多頭飼いする際の注意点

ご自宅で猫を飼われている方、非常に増えていますね。
最初は不安だった猫の飼育も一匹を飼育するのに慣れてくると、もう一匹飼いたいなと思う方、結構多いのではないでしょうか?

今いる猫のお留守番が多くて寂しそうだからもう一匹飼いたい、捨て猫を拾ってしまったからお家で飼育することになった、など新たに猫を迎えるシーンは様々ですが、猫を多頭飼いするということは単純に一匹の時と同じように飼育すれば良いというわけではありません。
トイレや、ご飯、病気の面で気を付けなければならない点がたくさんあります。

今回は、猫を多頭飼いする際の注意点をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

新しい猫を迎える前に確認したいこと

先住猫の性格

まずは、先住猫の性格をよく確認しましょう。
新たに迎える猫との相性が大切です。あまりにも激しすぎる性格や、反対に何事にも怯えてしまうような性格だと多頭飼いは厳しいかもしれません。

新しい猫の性別と年齢

新しい猫の性別や年齢も相性の面では重要なポイントです。
例えば、先住猫が老猫である場合、新しい猫が遊びたい盛りの子猫だと先住猫にかなり負担がかかってしまいます。
また、縄張り意識の強いオスの成猫同士であれば仲良くなるのは難しいかもしれません。
猫たちの性格や性別、年齢をよく確認しましょう。

猫たちの持病

いずれの猫も持病やウイルス感染に関しては、よく確認する必要があります。多頭飼いする上で病気の感染リスクは避けて通れません。
例えば白血病ウイルスはグルーミングや食器の共有、猫同士の喧嘩などで傷口から感染というように、健康な猫にも感染するリスクが日常に転がっています。最終的に病気に苦しむのは人間ではなく猫たちです。新しい猫を迎える前に病気やウイルスについて検査しましょう。

新しい猫を迎える準備

ケージ

新しい猫を迎える際にはいきなり猫同士を会わせずに、始めは隔離する必要があります。新しい猫に環境に慣れてもらうのと、先住猫に新しい猫の存在を徐々に確認させるためです。
そのため新しい猫は、最初の数日間はケージや別部屋で過ごさせましょう。

トイレの数

理想のトイレの数は猫の数+1と言われています。トイレが少ないと飼い主が留守の時は糞尿がたまり、綺麗好きの猫にとって非常にストレスになります。
また、病気の感染リスクも高まるので、できればそれぞれに専用のトイレがあるのが理想です。

ご飯皿は個別に

ご飯皿は個別に用意しましょう。それぞれの猫に平等にご飯を与えるのはもちろん、やはり病気感染のリスクを避けたいのが一番の目的です。

去勢避妊

去勢、避妊手術は必須です。猫ちゃんたちの性別が違う場合、メス猫は簡単に妊娠してしまいます。一度に生まれてくる子供の数はおよそ2~5匹、これらの猫の面倒を見られるのかよく考えましょう。
また、去勢、避妊の目的はもうひとつあり、猫達の発情を抑えてストレスを減らすことです。新しい猫と穏やかに暮らすために、ぜひ去勢、避妊はしてあげてください。

猫を迎えてから気を付けること

先住猫の優先順位

新しく猫を迎えたら、頭をなでるのも、ご飯を与えるのも、全て先住猫を優先しましょう。これは、先住猫に安心感を与えるのと同時に、新しい猫に立場が下だと弁えさせるためです。

顔合わせのタイミング

別々に過ごしていた猫たちを顔合わせさせるタイミングをよく見極めましょう。
最初は、新しい猫をケージに入れたまま、先住猫を近づかせることが大切です。先住猫が一通りチェックを終えて、威嚇しなくなったタイミングで少しの時間ケージから出して様子を見ましょう。
両猫が慣れるのには半年くらい時間がかかることもあります。早く仲良くなってほしいところですが、今後の生活のためにじっくり向き合っていきましょう。

いかがでしたか?

猫の多頭飼いについて注意すべき点をご紹介してきました。多頭飼いするのは、決して単純な話ではないということが分かったと思います。
とはいえ、やはり猫好きにはたくさんの猫と暮らしたいという願望も捨てきれませんよね。
いずれにせよ、猫のためを思って多頭飼いすべきかどうかをよく考えてから行動しましょう。

 

😼きゅーぺっつの他の猫の記事をよむ😼

猫の避妊・去勢手術を受ける際に注意することは?

猫の怖い病気について

猫の目やにの原因と症状、かかりやすい病気の種類

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする