多頭飼育崩壊の現状 part2

多頭飼育崩壊についての続編です。
前回はその要因が、動物好きから生じてしまう一面をご紹介しました。
そうした背景を踏まえてどうすれば良いのか、その対策について今回はご紹介したいと思います。

part1はこちら

対策はあるの?

多頭飼育崩壊によって、悲惨な状態のまま置き去りにされた猫や犬を救うために、また、このような状況を少しでも減らしていくために、どのような対策があるのでしょうか?

対策1~「多頭飼育崩壊状況なのでは?」と思ったらまず相談

過剰多頭飼育者の場合、自分で気づけない、あるいは直視できない人がほとんどと思います。事態の悪化は、悪臭や騒音で近所の人が気づく場合が多いです。もし、多頭飼育崩壊状況らしい現場を見つけたら、管轄の保健所・動物愛護団体やボランティア団体・町内会などに相談しましょう。

対策2~避妊・去勢手術

「かわいそうだから」「病院に連れて行くのが面倒」「手術費用が足りない」などの理由で、避妊や去勢手術をしない飼い主が、特に過剰多頭飼育者に多いといいます。

飼育できなくなる一番の理由はペットが増え続けるということなのですから、避妊・去勢手術はとても重要な対策となってきます。

ボランティア団体の里親探しにおいても、手術を済ませてから譲渡するといった取り決めがあると、多頭飼育崩壊を減らせるのではないかといわれています。

とはいっても、保護した猫や犬の手術をボランティア団体側が全て引き受けるのは費用の問題からして難しいため、行政と連携した対策法ができれば理想ではあります。

しかし日本では動物愛護法という法律はありますが、ペットは「個人の財産」で財産権があるため、多頭飼育について禁止したり取り締まりを行ったりすることが出来ません。
ただ社会問題にまで発展している今、多頭飼育する時には届けを出すよう定めるなど、対策を進めている自治体も増えてきているようです。

まとめ

そもそも無責任な飼育や飼育放棄をしないことが大前提ではありますが、多頭飼育崩壊という悲惨な状況を少しでも減らすため、近所で疑わしい家がある場合には無視せずに、その家の方と話ができる状態であれば一度声をかけてみましょう。

それが難しいようであれば保健所等に連絡を入れて、専門の方に間に入ってもらうといった行動をとる事が、多頭飼育者と被害にあっているペット達を救う第一歩だと思います。

多頭飼育崩壊者への批判だけをしていても解決にはなりませんから、小さな事でもいいので自分に出来ることをやっていきたいですね。

 

🐶きゅーぺっつマガジンの犬の記事をよむ🐶

可愛すぎて睡眠不足?ブリーディングウォーカーの60日間

アニマルセラピー

ペットというより家族?魅力的すぎるキャリアチェンジ犬

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする