愛猫・愛犬へのマイクロチップの必要性

今回の記事ではペットに付けるマイクロチップの必要性についてご紹介します。皆さんはマイクロチップとはどんなものなのかご存知ですか?
何となく聞いたことがあると思いますが、詳しくどんな時に、どんな役割があるのか知っている人は少ないかと思います。
ペットの「もしも」の時のために重要になるマイクロチップとは何かについて一緒に見てみましょう。

(愛猫/愛犬)のマイクロチップとは

マイクロチップとは、愛犬や愛猫が迷子になった時に飼い主やペットの情報が直ぐに分かるチップとなっています。大きさは、直径2ミリで長さが8~12ミリの円筒形になり、基本ペットの耳の後ろに埋め込むのが一般的です。マイクロチップは動物病院で埋め込む事ができ、値段は約数千円~1万円くらいになります。

マイクロチップの中には

  • 飼い主の名前・住所
  • ペットの情報(性別・年齢・犬種など)
  • マイクロチップを装着した獣医師の情報

などが分かる様になっています。

マイクロチップに埋め込まれている情報は、リーダーと言われる専用の読み取り器を使うことで分かりますが、この専用の機械を持っているのは主に、保健所・動物管理センター・動物病院・警察所・自治体などです。

マイクロチップのメリット

マイクロチップをペットに埋め込む大きなメリットとしては、迷子になったペットを早く見つけることが出来ることです。その他にも、ペットを連れて海外に移住する時に、国によってはマイクロチップが埋め込まれていないペットは入国できないので、前もってマイクロチップを入れておけば、海外移住する時にスムーズに入国できるのもメリットになります。

ですが、急遽仕事の都合で海外移住をするという人は少ないでしょう。

マイクロチップが一番必要とされる時は「迷子や震災」などで、ペットと逸れた時です。
事例として、東日本大震災の時に首輪などの鑑札や迷子札がない愛犬や愛猫で、飼い主が判明した犬は0.5%ほどになり、猫の場合は0%でした。

日ごろから愛犬や愛猫に首輪を付けていたとしても、付けていた首輪が何らかの拍子に破損したり、外れるといったトラブルもある事を想定すると、体内に埋め込まれたマイクロチップの重要性が分かるかと思います。

マイクロチップのデメリット

マイクロチップのデメリットとしては、マイクロチップを読み取る、専用の読み取り器を所有している自治体が少ない事です。これはマイクロチップの認知度の低さが一つの原因ともいえるでしょう。マイクロチップという言葉は何となく知っている人は多いですが、その重要性を理解している人は少ないのが現状にあります。

さらには、過去にマイクロチップを読み取る機械を持っていたのにも関わらず、その作業を怠った自治体があるという報告がある他にも、チップを読み込んでもしっかり情報が入っていなかったなどの報告もありました。せっかくマイクロチップも入れても読み取る機械がない自治体があるので、その場合どうすればいいのかご自身で考える必要があります。

また、ペットの飼い主は、正しい情報がチップに記入されていない場合も数多くあるので、そういった事には気を付けなくてはなりません。

まとめ

ペットにマイクロチップを入れる重要性については今の日本の状態では少し考えてしまいますが、近い未来には今以上にマイクロチップの必要性が重要視されるかもしれませんね。
ペットの「もしも」のために、準備をしておくのは良い事なのかもしれません。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする