チンチラって飼うのは難しいの?

チンチラって飼うのは難しいの?

猫好きの皆さんならチンチラがどんな猫なのか良くご存知かも知れませんが、よく知らないという方の為に簡単に説明しますね。

チンチラというのは基本的にはペルシャ猫のグループに属しているのですが、その中でも毛色によって分けられています。猫の毛色自体が白ベースで毛先の5分の1程度が黒くなっているものを「チンチラ・シルバー」、毛色が茶色ベースで同様に毛先が黒くなっているものを「チンチラ・ゴールデン」と呼んでいます。

ペットフードの袋にプリントしてある猫の写真などでも、よくチンチラが使われていますし、外国映画などで大金持ちの主人やマフィアのボスなどが自宅でくつろいでいるシーンで膝に乗せて頭を撫でたりしている猫などにもチンチラは登場します。

筆者も2匹のチンチラを長年飼っていますが、気品にあふれたモフモフの優雅な姿、黒いアイラインが入ったアーモンド形の黄色やグリーンの大きな瞳。まさに猫の王様と呼ばれるのがチンチラなのです。

チンチラの性格は?

他のペルシャ猫と同様にチンチラも性格は非常に穏やかで温和で静かです。
極めてマイペースなのんびり屋さんと言えるかも知れませんね。
そんな性格ゆえか、虫や鳥を必死になってハンターのように追いかけるような野性味は薄いかと思います。ずんぐりむっくりとした体形で運動量も少なめですね。

人が構いすぎるのは嫌がるくせに、気が向けば自分から擦り寄って来て甘えたりいわゆるツンデレの性格でしょうか。鳴き声は小さくて澄んだ綺麗な声です。
日本猫であるようなダミ声などはありません。

飼うときに心掛ける点は?

長毛種ですから、どうしても抜け毛が多くなってしまいます。手入れをせずに放っておくとどうなるか? 西部劇の荒野のシーンで枯れ草が風に吹かれて丸まって飛んでいくシーンがありますが、まさにあのシーンがリビングルームの床で再現されますよ!
猫自身も体中が毛玉だらけになって、櫛もブラシも歯が立たないような悲惨な状態になりトリミングに駆け込む事態となります。

従って毎日のブラッシングやコーミングが飼い主さんの大切な日課となる訳です。
また、その手入れを怠ると猫がペロペロと自分の毛を舐めてグルーミングした時に大量の抜け毛を飲み込んで、それが原因で病気になったりもしますから日頃の手入れは非常に重要と言えますね。

キャットフードはどうするの?

猫が必要とする栄養素で最も大切なものは良質のタンパク質で、人間の5倍ものタンパク質を猫は必要としていると聞いたことがあります。
筆者の場合は基本的にドライフードとウェットフード(缶詰やパウチなど)を混ぜて与えるようにしていますが、勿論ドライフードだけでも問題ありません。
でも逆にウェットフードだけだと栄養が不足する恐れがあるので注意が必要です。

一般のドライフードには総合栄養食と記されていると思います。これは猫が必要とする栄養素が全てバランス良く含まれているという意味です。従って、それだけを与えてやれば大丈夫ということになりますね。
その上で嗜好性が良く、猫も大好きなウェットフードは補足的に与えたり、ドライフードと混ぜたり、食欲不振の時に与えるようにすれば良いと思います。

ここで2つの大切な事柄をお伝えします。

1)ドライフードを選ぶ際は下部尿路疾患(F.L.U.T.D)に対応しており、低マグネシウムの記載があるものを選ぶようにします。これはオス猫が尿路結石を起こしやすい為にその予防としての対策です。

2)ドライフードを与える際は、必ず新鮮な水をたっぷりと用意するようにしてください。ドライフード自体には水分が10%以下しか含まれていませんからね。

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする