ライオンラビットの飼い方~ふわふわの毛並みがかわいい人気のうさぎ

ライオンラビットの飼い方~ふわふわの毛並みがかわいい人気のうさぎ

ウサギは短毛種が多いですが、長毛種のライオンラビットはご存じでしょうか。ふわふわの毛が特徴です。ウサギの中でも特徴的なので知っている方も多いのではないでしょうか。今回は長毛種で有名なライオンラビットについてご紹介します。

ライオンラビットといううさぎの種類

長毛種であるアンゴラやジャージーウーリーなどの交配で生まれ、ベルギーが原産とされています。
ライオンラビットはライオンのたてがみのような毛と短い耳が特徴で、ふわふわの毛並がかわいいと人気です。

ライオンラビットのなかにはドワーフと交配した小型のドワーフライオン、ロップイヤーと交配したたれ耳のライオンロップもいます。
ライオンラビットは最近誕生した種類で、個体の大きさや性格もまちまちです。たてがみや毛の長さもライオンラビットによってバリエーションがあります。

ライオンラビットの性格

ライオンラビットはのんびりした性格でなつきやすいのが特徴です。成長しても全長20-30cmくらいで、室内でも十分に飼育できます。なついてくると、飼い主のあとをついて回ったり撫でてと甘えてくれるようになります。

ただし飼育したてのときには、ストレスに弱く触りすぎたり運動させすぎたりすると体調を崩してしまうことがあります。
はじめのうちは、スキンシップや運動の時間を短めにして徐々に環境に慣れさせていきましょう。

ライオンラビットの飼い方

ライオンラビットを飼育するときには、1.5kgの小さな個体でも1.4㎡の空間が必要だと言われています。大きめのケージを用意してあげましょう。市販のケージを使うときには、部屋で放し飼いにしてあげるのが理想的です。

ライオンラビットはアナウサギなので、家具の下やすき間に入り込む事があります。入ってはいけない場所をクッションなどでふさぐと安心です。

電気コードや革製品・木材などはかじることがあるので、コンセントカバーやコンセントを守るチューブなどて電気コードを保護し、かじられそうな製品はウサギの手の届かない場所に移動しましょう。

ライオンラビットは長毛種なので、ブラッシングが必要な場合があります。特別な技術は必要ありません。毛を引っ張らないようにからまった毛をほぐすようにとかすとよいでしょう。部屋の湿度をたかくならないようにコントロールすると毛が絡みにくくなります。

ライオンラビットを飼う上での注意点

ライオンラビットは暑さ寒さ湿気に弱く、ひじょうに繊細です。ケージは風通しがよく、部屋の温度をコントロールできる場所に置きましょう。夏は熱くても24~26度、冬は20~24度にするのが目安です。エアコンのある場所で飼育するのがオススメです。
ケージは日の光が適度に当たり、また熱くなりすぎない場所に置きましょう。

ライオンラビットや長毛種を飼っていると、ブラッシングなどで抱っこが必要なシーンがたくさんあります。小さな頃から抱っこに慣れさせましょう。暴れたときに離してしまうと、「暴れれば自由になれる」と学習してしまいます。暴れてもぐっとガマンして抱っこをしましょう。

ケージには付属のワイヤー床や木製のすのこが付属している場合がありますがライオンラビットの足には負担が大きいです。使っているうちに足裏の毛が抜けて腫れ上がってしまうことがあります。

トイレスペースを作ってあげるとライオンラビットは覚えてくれるので、ワイヤー床は使わないようにしましょう。どうしても床材が必要なら、弾力性のあるものを用意すると足が傷みにくくなります。

また、ライオンラビットが病気になったときに診察してくれる獣医さんが近くにいるかも重要です。街の獣医さんには犬猫しかみることができない場所も多く、診察を断られる場合もあります。ウサギが診られる動物病院の場所がどこなのか前もって調べておきましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。長毛種のライオンラビットはお手入れの手間がありますが、のんびりしていておとなしく人気があります。

はじめてウサギを飼育するのであれば、おとなしくなつきやすいライオンラビットはオススメです。ライオンラビットの飼育で困ったことがあれば、SNSや掲示板で相談するといい方法が見るかるはずです!

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする