犬の歯磨き道具

犬の歯磨き道具

歯磨きといえば歯ブラシと歯磨き粉。というのが人の常識ですが、わんちゃんの場合は違います。
口の形や歯の数も違いますし、わんちゃんは歯を磨くことが当たり前ではないので、
わんちゃんが嫌がらない道具選びをしてあげることが大切になります。
今回は歯磨きの道具について説明していきますので、最適な道具を選ぶ参考にしてみてください。

歯磨きシート

まずは歯磨きシートです。
厚みが厚いものから薄いもの、香りが付いているものから無臭のものなどがあります。また、シートのサイズも大きいものから小さいものまであるのですが、どんなものを選んだら良いのでしょうか?

歯磨きシートは、飼い主さんが指に巻きつけて使うものです。
薄いものであれば巻きつけやすいのですが、使っているうちに破けやすいというデメリットがあります。
香りに関しては、付いている方が喜んで歯磨きさせてくれる子もいますし、香りに敏感な子には逆効果の場合もあります。
また、サイズですが、小型犬なのに大きな歯磨きシートを使う必要はありませんし、逆に大型犬なのに小さな歯磨きシートを使っていたら、何枚も使うことになりかねません。飼い主さんの手の大きさによっても、使い分ける必要があります。

このように、それぞれメリット・デメリットがありますので、飼い主さん、わんちゃんに合わせて歯磨きシートを選びましょう。

歯磨きジェル、歯磨きペースト

次に歯磨きジェル、歯磨きペーストの説明です。
どちらも歯ブラシで歯磨きをするときに使うものですが、指に付けてこするだけでも十分歯磨き効果があります。
また、歯ブラシで歯磨きをするとき、乾燥した状態で磨くと、歯茎を傷つけてしまう可能性がありますが、ジェルやペーストをつけると、それを防ぐ効果もあるのです。
ジェルもペーストも、味に種類がありますので、わんちゃんの好みに合わせて選んであげてください。
飽きさせないために、何種類か用意しておくのもいいですね。

歯ブラシ

みなさんお馴染みの歯ブラシです。
歯ブラシにはブラシ部分の大きさの大小、ブラシの硬さなどに違いがありますが、珍しい形の歯ブラシもあります。
360度ブラシになっていて、歯茎を傷つけにくい形状のもの、ブラシ部分が回るようになっていて歯の表面を転がすだけで歯磨きできる歯ブラシなどです。

口や、歯を触られることに相当慣れていないと歯ブラシでの歯磨きはできませんが、させてくれる子であれば、転がすだけで歯磨きできる歯ブラシを使うと楽になりますね。
逆に、歯ブラシに噛み付いてしまうこもいますが、その場合は、普通の歯ブラシだと歯茎を傷つけやすいため、360度ブラシになっている歯ブラシを選ぶといいでしょう。
歯ブラシを噛んでしまうことがダメなことだと思っている人もいますが、噛むことでも歯磨き効果はありますので、ご安心を。
ただ、歯ブラシの寿命は短くなります。人間と同じで、ブラシが開いてくる頃が、交換の目安になります。

わんちゃんに合わせた道具選びを。

以上のように、わんちゃんの歯磨き道具といってもさまざまな種類があります。
道具のサイズや使用方法、わんちゃんの大きさや性格などをしっかりと把握して、それぞれに合った道具選びをしてあげましょう。

 

🐶きゅーぺっつマガジンの他の犬の記事をよむ🐶

飼い主さんも食べられる!簡単ヘルシーおやつを作ろう!

ワンコが痩せないのはなぜ?ダイエット方法をおさらい!

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする