意外と知らない自宅で犬を洗う注意点

意外と知らない自宅で犬を洗う注意点

犬を自宅で洗うときに意識して気を付けていることはありますか?人間と違い全身毛でおおわれた犬を洗うのは一苦労しますよね。
注意しながら洗わないといけない箇所を意外と知らない飼い主さんが多く、小さなトラブルを見落としたまま自宅でずっと愛犬を洗い続けた結果、病院に行く羽目になった何てことが起こらないためにも自宅での愛犬の洗い方を見直す必要があります。
では一緒に犬の洗い方を確認してみましょう。

一般的なシャンプーの流れ


一番多い犬の洗い方はシャンプーとリンスをして乾かして終わる飼い主さんが多いですが、このやり方は人間ならいいかもしれませんが、犬を洗うには不十分な内容なんです。
理想的な犬の洗い方は最初にブラッシングで絡まっている毛をとかしてからシャンプーをして下さい。シャンプー前には肛門腺をしっかり絞りましょう。
その後にしっかり毛を乾かしてから耳掃除をするのが、理想的な犬の洗い方になります。ただこの流れでもいくつか気を付ける点があるので、以下の内容に注意して愛犬を洗って下さい。

ブラシングの注意点


シャンプー前にブラッシングをして毛並みをキレイにしてあげましょう。
シャンプーをするのに何で?と思うかもしれませんが、シャンプー前にブラッシングするだけで毛を洗うのも、乾かすのも早くなるんですよ。
柴犬などの短毛犬もブラッシングするだけでシャンプーが泡立ちやすくなり、余分な毛が抜けて乾かしやすくなります。
長毛犬の場合は最初に絡まっている毛をとかすだけで、綺麗に洗えるようになり、乾かすのも短縮できるので、総合的にみるとシャンプー前のブラッシングは短縮術にもつながつるのでオススメです。

シャワーの温度の注意点


シャワーの温度は、私達が思っているよりぬるい温度に調整する必要があります。
理想的な温度は35度~38度と言われていて、人間の赤ちゃんがミルクを飲む時の温度が理想的です。
犬は人間よりも体温が高く、私達の感覚で温度を調節してしまうと犬の体力を奪ってしまい、脱水症状だけでなく深刻な体調悪化につながる恐れがあるのでシャワーの温度には注意が必要です。

肛門腺の注意点

シャワーでしっかり毛を濡らした後に肛門腺をしっかり絞れていますか?
肛門腺とは上記のイラストにあるように肛門を中心として4時と8時の方向に小豆サイズの大きさのしこりのような袋があり、それが肛門腺になります。(※大きさは犬種によって違います)
このしこりを親指と人差し指で肛門に向かって絞り込むと泥のようなのが出で来るので、しっかり絞りましょう。
肛門腺を絞らずにほっておくと肛門がはれ上がり、ひどくなると肛門腺の袋が爆発し穴が空き大変な事態になりますのでしっかり絞ることが大切です。
肛門腺が上手く絞れない時は獣医師に絞り方を教わるか、定期的にトリミングに出しましょう。

シャンプーの注意点


犬の顔周りを洗う時の注意点はシャンプーはぬるま湯に薄めて使いましょう。(2倍~3倍に薄めるのがオススメ)
そうするだけで目や口にシャンプー液が入ったとしても、原液よりも薄めて使っている分、しっかり洗い流すだけで大体は大丈夫です。
※その後も犬が目をしばしばさせている時は動物病院に連れて行きましょう。

ノミを発見したときの注意点

犬に付いているノミはドライヤーで乾かしている時に良く発見される事が多いですが、皆さんは発見したノミをどう処理していますか?
ノミを爪で潰したり、ティッシュに丸めてゴミ箱に捨てていませんか?実はそのノミはまだ生きているので、再び愛犬に付いている可能性が高いです。
ノミを発見したら、潰そうとせずに食器用洗剤にノミを一度浸してからティッシュでくるんで捨てるのが一番いい方法です。

耳掃除の注意点

シャンプー後にしっかり耳掃除はしていますか?
特に耳が垂れてる犬は汚れがたまりやすく、放っておくと外耳炎や中耳炎になることがあるで注意が必要です。
その他にも、犬種によって耳の中に毛が生えている子と生えていない子がいます。
トイプードルやヨークシャテリアなどの犬種は耳の中に毛が生え、放っておくと毛が伸びつづけ、耳ダニなどの繁殖につながるので定期的に毛を抜くことが必要です。
飼い主さんが愛犬の耳の中の毛を抜くこと出来ない場合は病院や美容室に行って抜いてもらい綺麗に耳掃除してもらいましょう。

愛犬のシャンプーを簡単に終わらすには(まとめ)


人間が気軽に髪の毛を洗うのとは違い、犬を洗うには多くの注意する点があります。
めんどくさいと思うかもしれませんが、上記の内容を注意することでトラブルを無くし、愛犬も快適に生活が送れるようになると考えたら手間のかかる事ではないはず、最初の内は注意項目が沢山あり、大変と思うかもしれませんが、これらが習慣化すれば愛犬のシャンプーを簡単に終わらすことができるはずです。
犬を自宅でシャンプーする時はどんなことに注意をしたらいいのか知るだけでもトラブルを無くすことができ、素早く対処することができるようになるでしょう。

 

🐕きゅーぺっつの他の犬の記事をよむ🐕

お風呂は楽しいと教えてあげよう!犬のシャンプー嫌いを克服するための7個のステップ

愛犬の毛並みを美しく健康に保つのに役立つおすすめ犬用シャンプー5選

なぜトリミングが必要??ワンちゃんのお手入れの必要性

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする