ザリガニはどうやって飼えばいいの?

ザリガニはどうやって飼えばいいの?

ザリガニをいざ飼うとなると、どうやって育てればいいのか、わからないことがたくさん出てきませんか?そこで今回は、ザリガニの種類や生態から、飼育方法までご紹介します。
珍しいザリガニの飼育にもチャレンジしてみましょう!

ザリガニってどんな種類がいるの?

外来種のザリガニ

川辺や用水路、水田などでよく見かけるのは、外来種の「アメリカザリガニ」や「ウチダザリガニ」がほとんどです。アメリカザリガニはウシガエルのエサとして、ウチダザリガニは食用として、アメリカから日本に輸入された経緯があります。

また、ウチダザリガニは特定外来生物に指定されているので、許可なく飼育することはできません。今のところアメリカザリガニの飼育制限はありませんが、生態系保護のため川などに捨てないでくださいね。

在来種のザリガニ

北海道と東北の一部には、「ニホンザリガニ」という在来種が生息しています。しかし、住宅開発による森林伐採や当時の農林省水産局が摩周湖などにウチダザリガニを放流したことにより生息数が激減しました。

現在は北海道、青森県、岩手県、秋田県、栃木県で確認されています。保護の観点から、できれば飼育は控えたいところです。

ザリガニの生態は?

脱皮しながら成長する

外来種も在来種のザリガニも同じエビ目で、幼体時は1年のうちに何度も脱皮をして成長を続け、成体になると年に数回脱皮します。

ザリガニの大きさと生息域

体長12~15cmになるアメリカザリガニは、全国の川辺や用水路、水田などの淡水に生息しています。体長15~18cmと一回り大きいウチダザリガニは、汽水環境にまで適応しています。

ニホンザリガニは体長4~7cmと小さく、冷たくてきれいな川の源流部や沢に生息しています。

ザリガニの食性

いずれのザリガニも雑食性で、水生昆虫、小魚、藻類、落葉などを食べ、エサに事欠くと共食いするのが特徴です。

ザリガニの寿命

寿命はアメリカザリガニが3~5年、ウチダザリガニとニホンザリガニは10年程度ですが、飼育すると短くなる傾向にあります。

オスメスの見分け方

アメリカザリガニの場合、ハサミが大きく閉じたときにピタッと閉じているのがオス、隙間があるのがメス。また、腹部のピロピロと動く腹脚が長いのはメスの特徴です。

色とりどりの個性的なザリガニも人気!

アメリカザリガニの『変色種』である、白ザリガニ(ホワイトザリガニ)や青ザリガニ(フロリダブルー)、タイゴーストと呼ばれる斑が入った色とりどりのザリガニなど、個性のあるザリガニも人気です。

ザリガニの飼い方は?

白ザリガニや青ザリガニはアメリカザリガニなので、基本的には同じ飼育方法です。

ザリガニの飼育方法には、水を浅く入れて陸を作る方法もありますが、水槽の8分目程度まで水を入れる飼育方法がおすすめ。水替えの回数も減り、水質や水温が安定します。

ザリガニの飼育に必要なもの

  • 水槽
    水槽は、単独飼育なら幅45cm、複数飼育や繁殖時は幅60cm以上を目安にしてください。水槽にはカルキ抜きした水を使い、交換は2~3週間を目安に1/3程度を取り替えます。また、複数飼育や脱皮中は共食いの心配があるので、セパレーターを用意して飼育するとよいでしょう。
     
  • エアーポンプ
    酸欠になると死んでしまうので、水槽に水を多く入れる場合は必須です。ろ過兼用のエアレーションも便利。
     
  • 砂、素焼きの壺、アク抜きした流木、水草など
    水槽の底に3cmほど砂を敷きます。平たい場所を残し、隠れ家となる壺や流木、水草などを配置します。
     
  • エサ
    ザリガニフードや熱帯魚のエサ、生餌(冷凍アカムシ、イトミミズ)などを、1日1~2回与えます。ザリガニは夜行性なので、夜間が向いています。

ザリガニの飼育で注意するポイント

  • ザリガニは脱走が得意なので、フタを設置してください。
  • 直射日光が当たらない涼しい場所に置きましょう。
  • 水交換を一気に行うと、pHショックで死んでしまうことがあるので注意してください。
  • 煮干しやスルメなど人間の食べ物を与えると、水質が一気に汚れるのでおすすめしません。
  • 水温が低くなったらエサの回数を数日に1度などに減らし、食べ残しはピンセットで除去しましょう。
  • 甲羅が浮き上がってきたら、24時間程度で明るい環境下で脱皮しますので、共食いに注意してください。

まとめ

お子さんと一緒に釣ってきたアメリカザリガニを飼うもよし、おしゃれな水槽で個性的なザリガニを飼うもよし!
水槽で気持ち良く過ごすザリガニに名前を付けて、家族同様に可愛がる方も多いんですよ。
ザリガニの飼育に慣れてきたら、オス1:メス2を同居させて、繁殖してみてはいかがでしょうか。

 

🦀きゅーぺっつの甲殻類の記事をよむ🦐

ミナミヌマエビをお家で飼おう!飼育に必要なものや飼育上の注意点を解説!

オカヤドカリの飼い方は?飼育に必要なものと気をつけること

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする