安心安全なキャットフードの選び方

安心安全なキャットフードの選び方

ここ数年の空前の猫ブームで、キャットフードの種類も多種多様かと思います。初めて猫を飼う方、今まで与えていたフードから切り替えようと思っている方等…。ほとんどの飼い主さんは、フード選びに一度は悩まれると思います。
そこで今回は、フード選びのポイントをまとめてみました。

国産のキャットフードは本当に安全か?

イメージ的に国産と聞くと良いイメージを思い浮かべがちですが、これはピンキリです。
特に価格の安い製品だと、

  • アレルギーを引き起こす原因となる穀物
    (とうもろこし・小麦・大豆など)
  • 部位不明な肉骨粉・4Dミート

などが含まれています。

愛猫に、すぐに体の不調が現れれば即座に切り替える事は可能ですが、一見何の異常もなく長い年月をかけて与え続けていると、あとで病気に苦しむ事にもなりかねません。

安全なキャットフードの基準

酸化防止剤や防腐剤などの合成添加物が不使用であること

発がん性物質や生殖異常を引き起こす恐れがある為、これらが使用されていないものを選びましょう。

主原料に好ましくないものが入っていないこと

価格の安い製品に含まれている、多量の穀物・肉骨粉・4Dミートなど、猫にとってアレルギーを引き起こしたり人間が絶対に食べないような粗悪な物が入っているものは避けましょう。
ヒューマングレード(人間の食用にも使用する事が出来る)の原材料が一番おススメです。

主原料が猫に必要な動物性タンパク質であること

猫は肉食動物なので、出来るだけ高たんぱく・高脂肪分のフードが必要になります。
(特に猫は食物を体内で栄養素を合成する酵素を持っていない為、フードからの摂取が必須となる)

パッケージのここをチェック

パッケージの原材料の一覧に注目してみて下さい。
一番上にチキンや魚類などの猫にとって一番必要としている栄養分が含まれるものが主原料として記載されている事が一番重要です。
併せてヒューマングレードの記載があると、尚良いです。
(消化吸収率が良いと、給餌量が少なくて済み消化器官の負担も減るため)

次に、猫にとって不要なものがどのくらいの割合で入っているかも、大事なポイントです。
大豆や米・麦などの穀物含有量の割合が多いと、猫の消化器官に負担が掛かったり、アレルギーを引き起こしてしまうのです。
他には合成添加物・遺伝子組み換え作物など、これらの物が出来るだけ入っていない製品を買うのが無難かと思われます。

実際に与えてみて愛猫とフードの相性をチェック

最初は慣れないために下痢や便秘になったりするかもしれませんが、病気でない限りは数日様子を見てみましょう。正常なコロコロとした便が出てくるようなら、体に合っているというサインです。
あとは、猫の体内の血液が全て入れ替わるには、3か月程度かかると言われています。ですので、その期間中にアレルギー反応が出ず元気で過ごせているようなら、継続して給餌しても良いと思います。

まとめ

キャットフードのコマーシャルで猫ちゃんが美味しそうに食べているのを見ると、その製品に良いイメージを持ってしまいますよね。
ただ、お求めやすい物にはそれなりの理由があり、後々病気になるかもしれないリスクを考えると、フード選びは本当に大切です。
ちょっとお高い製品でもサンプルなんかで試しながら、愛猫にベストなフード選びを始めてみませんか?

 

🐱きゅーぺっつマガジンの猫の記事をよむ🐱

猫の習性としぐさの特徴とは?

猫を多頭飼いする際の注意点

心理学から考える猫のしつけ~学習パターンを理解して猫と仲良く暮らそう!

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする