猫をマンションで飼う際に気をつけるべき5つのポイント

猫をマンションで飼う際に気をつけるべき5つのポイント

猫は群れをなして行動せず、単独で生活する動物です。
数十メートル程度のせまい範囲の「なわばり」を作り、その中で生活します。
そのため家屋で飼う場合、室内を自分のなわばりと認識して生活することになります。
広い屋外を存分に駆けまわりたいといった欲求を持たず、室内の生活だけで満足します。
近年はペット飼育可のマンションも増えています。
マンションで猫と暮らすために気をつけるべきポイントを紹介します。

自由に行き来できる高い場所を作る

猫は高い場所が大好きです。
高い場所から自分のなわばりを見下ろし、外敵など侵入者がいないかを確認する習性があるためです。また、外敵に襲われることのない高い場所は安心して眠れるスポットでもあります。

室内はどこにいても安心できるはずですが、高いところが好きな猫の本能を満足させるためにも、キャットタワーを置く、箱や3段ボックスなどを組み合わせて高さを作る、タンスの上などに登れるように家具を配置するなどの工夫をしましょう。

登った時に落ち着いてくつろげるように、普段使っているタオルや敷物などを置くのもいいですね。

トイレは目立たない場所に置く

トイレは室内の静かな場所に置きます。ひんぱんに物音がする場所では、おちついて排泄ができません。静かで、できればニオイがこもらないように風通しのよい場所が理想的です。

トイレの大きさは、猫の体長よりも大きなサイズを選びましょう。トイレが小さいと、猫が排泄をしたがらなくなる、大量の砂が周囲に飛び散るなど弊害が起こります。

トイレに入れる砂はさまざまな種類がありますが、猫にも好みがあるようなので、苦手であるようなら別のものに交換するなどしましょう。

猫にとって危険となる部分をなくす

室内であっても、猫にとって危険となる場所や部分があります。

まず、浴室です。残り湯がある浴槽に猫が転落してしまうと、自力で這い上がることができません。浴槽にふたをする、もしくは浴室のドアを必ず閉めておくなどで、自己を防止しましょう。

ベランダや窓際も危険をはらんだ場所です。窓のへり、ベランダの柵の上など「よくこんなせまいところに」と思われる場所に乗って外を眺めていることもありますが、大きな物音などに驚いてバランスを崩し、転落するおそれもあるため、できるだけ近づけないようにしましょう。

その他、コンセントからコードが抜けかけていないか、熱を帯びたままのアイロンを放置していないか、細かい気配りをすることが必要になります。

隠れて落ち着ける場所を作る

猫は「なんでこんなところに入りたがるのだろう」と思うような狭い場所に入りこむことがあります。それは猫の習性のひとつで、せまい場所に入ることを好むのです。

そこで、部屋の中にひとつ、隠れて落ち着くことができる場所を作りましょう。段ボール箱等でいいです。横から出入りできるようにして室内にひとつ置いてやるだけで、猫は時々そこに入りこんでくつろぐことができます。

爪を研げる場所を数か所作る

猫の爪とぎは本能的なもので、前足の爪は常に研ぎ澄ませています。爪とぎをやめさせることはできません。猫にとっては食事やトイレと同様に、生きるために必要な行為なのです。

しかし、壁や家具などところかまわず爪でひっかかれてはたまりません。

そこで、存分に爪を研げる場所をいくつか作りましょう。ペットショップやホームセンターでは、段ボール製の爪研ぎや、木の棒に荒縄を巻きつけた爪研ぎなど、さまざまな種類の爪研ぎグッズが販売されています。
いくつかを買ってきて部屋に置いておけば、気に入ったもので爪を研ぐようになります。

 

猫がいると生活にハリが生まれます。また猫といっしょに暮らすと、心が豊かになります。お互いに着かず離れずの距離を保ち、幸福感を味わいましょう。

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする