これから猫を飼う人に知ってほしい3条件

これから猫を飼う人に知ってほしい3条件

これから猫を飼いたいと思っている人や、飼う予定はあるけれどどうやって飼えばいいのか分からないという人は是非参考にしていただけると幸いです。

まず猫を飼う上で必要となるものがあります。
それは、お皿やトイレなどの物品のほかに、ストレスのない環境お金命を飼う覚悟です。
いきなりシビアな話と感じるかもしれませんがこのどれかが欠けては猫を飼うことはできません。
初めて猫を飼う人はイメージが湧きにくいと思いますので具体的に説明します。

ストレスのない環境とは?

周りが騒がしくなく落ち着ける場所

猫は聴覚が優れており、その力は人間の10倍ともいわれています。
無音である必要はありませんが猫が落ち着けるような騒がしくない空間で飼育するようにしましょう。

過度の接触及び極端な放置をしない

コミュニケーションの度合いについては猫によって性格が様々ですので一概にはいえませんが、いずれにしても過度な接触やプレッシャーを与えるような行動は避けたほうが良いです。かといって極端に放置をしてしまうことはストレスとなるため、適度にコミュニケーションをとるようにしましょう。

トイレを常に清潔にする

猫はとても綺麗好きな動物です。
トイレに排泄物が残っていたりトイレが清潔でないと感じると排泄を我慢する傾向にあります。おしっこを我慢することが原因となる尿疾患にもかかりやすくなるため、ストレスのみならず病気の予防という観点からもトイレを清潔に保つことは重要です。

上下運動ができる環境

猫が普段生活するスペースで重要なことは面積の広さよりも上下運動ができるかどうかです。
家の中を自由に生活できるようであれば面積も広いに越したことはありませんが、いくら広い空間であっても上下運動、つまり上ったり下りたりできない環境では猫はストレスが溜まります。
家にある家具を活用したりキャットタワーを使用すると良いでしょう。
家の中を常に自由にできない家庭の場合は、3段ケージを使用することでストレスを最小限に抑えることができます。

空調を整える

猫のイメージとして砂漠の動物なので暑さに強く、寒さは苦手で冬はこたつで丸くなることを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
確かに猫は寒さより暑さに強い動物です。
しかし、日本のように1年を通して気温の差が激しい地域では、暑さに耐えきれず熱中症になってしまうケースもあります。
そしてご存じのように寒さには弱いため気温が低い時期は暖房やヒーターを稼働する必要があります。
四季がある日本では1年を通して空調の管理をしていき快適な温度・湿度を保つことが健康維持の第一歩となります。

お金はどれくらいかかるの?

猫を迎え入れる前の物品調達といった初期費用のほかにも毎月のフード、トイレ砂、ノミ・ダニ予防に加え、ワクチン接種の費用も継続的にかかります。
また、望まない繁殖や病気を防ぐために不妊手術を行うことをお勧めします。

猫の平均寿命といわれている15年でかかる費用は1匹当たり100万円以上となります。
いまや猫も長生きをする時代ですから20年以上生きることも珍しくありません。
そうなると病気をすることも多くなり、さらに医療費がかかることも考えられます。

非常に現実的な話となりますが命を飼うということは愛情だけでは成り立たず、猫に十分なお金をかけられる経済力も必要となります。

猫を迎え入れよう!

こまで猫を飼うにあたっての話をしてきましたが皆様はどのように感じたでしょうか。

おそらく猫を飼うことは意外と難しいと感じた人も少なくないと思います。
そう感じた人は自宅で飼わずとも、猫カフェなど猫と触れ合える機会は身近にあるのでそういった施設を利用するのも良い方法でしょう。

環境を整えることができ、お金を惜しまず、生涯を終えるまで責任をもって飼育する覚悟ができたら是非猫を迎え入れてあげてください。
きっと今以上に豊かな生活になることでしょう。

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする