鳥の視力はどのくらい?多くの鳥は「鳥目」じゃない!?

「鳥目(とりめ)」という言葉、聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。鳥目とは、暗い所や夜になると物が見えにくくなる症状がおきる病気で、夜盲症のことをいいます。

夜盲症のことを鳥目というくらいだから、鳥類は夜になると視力が落ちるのだと思っている方も多いと思います。ですが、実は、鳥目の鳥はほとんどいないんだそうです。では、なぜ夜盲症のことを鳥目と呼ぶようになったのでしょうか。

本記事では、鳥の視力や鳥目と呼ばれるようになった由来についてご紹介します。

鳥は視力が良いって本当?!

鳥類の視力は、人のおよそ6~7倍良いといわれています。特にワシやタカなどの猛禽類(もうきんるい)は人の視力のおよそ8倍以上。上空の高い場所から、地上にいる小動物を狙えるほど視力が良いんです。確かに、視力が良くないとあんな高い場所から獲物なんてとれませんね。

獲物をとるため以外にも、鳥たちは自分たちが安全に空を飛ばなければいけないため、人より眼の構造が優れているのだそうです。色の認識能力は、人が認識できる赤・青・緑の3原色に対して、鳥は3原色+紫外線も認識できる色覚をもっています。特に、猛禽類では、遠くの物にピントを合わせたり、映像をクリアに映し出したりする能力がより強く備わっているといわれています。

こうした視力の良さは、高い場所から小さな獲物を狙ったり、飛んでいる小さな虫をつかまえたり、または衝突事故を防ぐといった、鳥たちにとって生きていくために必要不可欠な能力だったんですね。

「鳥目」という言葉は超有名なあの鳥が由来だった!

鳥類の視力が良い理由を知ると、ますます「鳥目」という言葉が生まれたことに疑問を感じてきますね。

主に活動する昼間に適した眼の構造を手に入れたことで、夜行性を除いたほとんどの鳥は、夜に少しだけ視力が弱くなるといわれています。これは、人もそうだと思うのですが、昼間より夜や暗い場所では、物が見えにくい現象と同じです。それでも、鳥の場合は夜でも人の視力よりは良いようだと考えられています。では、なぜ鳥目といわれるのでしょうか?

鳥目という言葉が生まれたきっかけになったのは、誰もがよく知っている「ニワトリ」なんだそうです。鳥類の中でも最も視力が弱いと考えられているのがニワトリです。ニワトリは地面に近い場所で暮らし空を飛びません。他の鳥たちには必要不可欠な優れた眼の能力は必要なく、もともと視力が弱いため、夜にはさらに見えていないといわれています。

ニワトリは昔から家畜として飼育され、人にとってとても身近な鳥です。昔の人が、飼っているニワトリの視力が夜にはさらに悪くなっていることに気がついて「鳥は夜には目が見えにくくなるんだな」と思っても不思議ではありませんね。

また、ほとんどの鳥は昼間に活動し夜は休んでいて見かけないため、鳥類全体が夜には目が見えないと勘違いされ「鳥目」という言葉が生まれたのでは?という説が多いようです。

「鳥目」になってしまう原因は?

鳥目(夜盲症)になってしまう原因についてご紹介します。昼間は普通に見えていても、暗い場所や夜に物が見えにくいと感じる人もいらっしゃると思います。正確な判断は医療機関を受診する必要がありますが、急に暗い場所や夜間に物が見えにくくなった場合、鳥目になっている可能性があります。

明るい場所から暗い場所に行くと、目が慣れるまでしばらく物が見えにくいですが、時間が経つと暗さに慣れてきて見えるようになります。これを暗順応(あんじゅんのう)というそうです。

鳥目は、暗順応がうまくできずに起きる眼の病気です。昼間の明るい場所では普通に見えるため、鳥目になっていることに気がつかないケースも多いようです。鳥目になってしまう主な原因は、網膜の異常やビタミンA欠乏症が多いといわれています。

また、鳥目の症状には先天性や後天性、物の見え方の違いや進行性などさまざまな症状があるため、自分は鳥目かも?と思ったら一度眼科を受診するようにしましょう。

まとめ

ほとんどの鳥は、もともと人よりもはるかに視力が良く、夜も活動しないだけで、目はきちんと見えています。実際に鳥目の鳥はごくわずかで珍しいようです。昔からよく聞く言葉でも、由来を調べて見ると勘違いや思い違いからきていたりして、面白いものですね。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする