野良猫ボランティア地域猫活動

「地域猫活動」って聞いた事ありますか?猫好きなら耳にしたことはあると思いますが、知らない人も多いのではないでしょうか?「最近野良猫をあまり見かけなくなってきたな」と感じたら、実はそれには私達の知らない所で頑張ってくれている人達のおかげなんです。

今回の記事では地域猫活動ボランティアについてお話しです。

地域猫活動

皆さんの周りの公園や駐車場で野良猫を見かけることはありますか?都内だと特に、意識してみないと野良猫を見かけることが少なくなってきたと思います。今から(現在2019年)2、30年くらい前には現在とは比べ物にならないくらい野良猫が多かったんですよ。

では、なぜ野良猫が少なくなってきたかご存知でしょうか?それは私達の知らない所で地域猫活動としてボランティア活動をしてくれている人達のおかげなんです。
地域猫活動とは飼い主がいない野良猫に対して、エサやトイレの管理・病気になった猫のケア・去勢などを各地域の猫ボランティアさんが住民の協力を得て行っている活動になります。
この内容だけ見ていると「この活動は必要あるの?」と思われがちですが、ちゃんと意味のある活動内容なんです。地域猫活動の定義は各自治体によって異なりますが、基本は「飼い主のいない猫の減少」を目的としています。

野良猫がいる公園や駐車場周辺では、糞尿や猫がゴミを漁ることで衛生面に対してトラブルが発生するだけでなく、野良猫の病気の蔓延などが問題になっているんです。猫が嫌いな人に取っては安心して公園を使うことができないし、猫好きな人なら痩せ細って皮膚病で毛が抜け落ちた猫を見たら可哀そうで、どうにかしたいと思いますよね?
住民それぞれの共通していることは「飼い主がいない猫を減らしていきたい」という思いが一致していることです。このことを地域の問題として住民とボランティアが野良猫などを共同管理し、減らしていこうと取り組んでいるのが「地域猫活動」なんですよ。

地域猫ボランティアの活動内容は?

上記でも少し記載しましたが、地域猫ボランティアの活動内容は以下の内容になります。

  • 餌やり
    家庭ゴミを漁らないようにするため。
  • トイレの設置
    不要になった新聞紙などを代用し、子供たちが遊ぶ場所に排泄しないように管理。
  • 弱っている猫の管理
    病気が蔓延しないようにケアをする。
  • 不妊去勢手術
    これ以上増やさないようにするため。
  • 里親の募集

※各地域によって多少内容が異なります。

一見簡単そうに見えますが、なかなか大変な活動なんです。猫の餌付けや捕獲には自治体などの許可を得ているのですが、この活動内容を理解してもらえず反感をかったりすることも良くあります。

一番大変なのが、避妊手術をする時の猫の捕獲。飼われている猫では無いので、捕獲するときはかなり大変で時間もかかり、決して楽なボランティア活動ではありません。
捕獲した猫は不妊去勢手術をし、また元にいた場所に返します。その際に不妊去勢手術した猫かどうか分かるように、オスは右耳の先・メスは左耳の先にvの字型に切り込みを入れます。
この耳のカットがサクラの花びらに似ていることで「サクラ猫」とも呼ばれています。こうして不妊去勢手術をすることにより、猫達の繁殖を抑え、病気や飢え・殺処分などを無くしていきたいと考え、取り組みをしています。
※不妊去勢手術の費用は寄付金やボランティア活動として一部動物病院が無償で行ってくれています。

こんなこともやっています。

病気の猫を一時的に自宅でケアをして、元気になったら元いた場所にリリースしたり、子猫の里親を探すために猫達を自宅で一時預かりをしているボランティアさんもいます。
子猫や人慣れしている猫には、里親を見つける活動を行っている人達もいるんで野良猫ボランティア地域猫活動野良猫ボランティア地域猫活動「地域猫活動」について知らない人は沢山います。あるいは何となくしかしらない人も多かったのではないでしょうか?こういった取り組みのおかげで少しづつ町の為にも猫達のためにもいい共存関係が気付きあげられているのです。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする