犬も猫の元は同じ祖先だった

実は犬と猫は元々同じ祖先から進化した動物だってご存知でしたか?見た目も鳴き声もまるで違うのに、数千年前までは同じ動物だったんです。驚きですよね?

今回の記事では「犬と猫」の進化の過程と、祖先についてお話ししていきましょう。

犬と猫に共通した祖先「ミアキス(Miacis) 」


(転載:ウィキペディア)

犬と猫は、約6500万年から4800万年と遥か昔「ミアキス」という食肉類の動物でした。

「ミアキス」の見た目は長細い胴体に、短い手足、猫の様な長細い尾が特徴で、見た目はイタチに似ていたとされています。猫の様に柔軟性の高い身体を持ちますが、骨盤は犬に近く、主に木の上で生活し、果実・鳥・卵・小型の哺乳類を食していたんですよ。

上記のイラストや木の上での生活、イタチの様な見た目からみると、猫に近く見えますね。実はこの「ミアキス」は猫・犬の祖先だけでなく、狼・トラ・狸・キツネ・熊・パンダ・アシカ・アザラシの祖先でもあります。

※食肉類とは
哺乳ほにゅう類の一グループ。一般に、肉を切り裂くのに適した臼歯(裂肉歯)をもつ。古生物学的には漸新世以降に多様化したとされる。ネコ科・クマ科・イヌ科・アザラシ科が代表的で、肉食性の種が多いが、主に植物を食べるものもいる。鰭脚(ききゃく)類を含まないとする主張もある。食肉目。
引用:コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E9%A3%9F%E8%82%89%E9%A1%9E-80185

犬と猫への進化の過程


ミアキスは元々森林で生活していましたが、餌を求めて草原に出たものと、森に残るものに別れました。

草原での生活は隠れる場所がなく、広大な大地では1匹で餌を追い求めて生きていくには過酷な場所になります。大型の獲物を捕らえるために必要な 強く頑丈な顎 と、広大な大地で獲物を追い求め続けるための 持久力 と 筋力 が発達しました。

さらに、単独での獲物取得が困難なため、仲間との連携プレイが重要になり、群れを作るように進化したのが「犬」になります。

森林に残ったものは、主に鳥・ネズミなどの小型の獲物を捕らえるために単独で行動し、森林生活をする上で必要な瞬発力(筋力)が発達しました。さらには。草原と違い木や細かい枝など入り組んだ場所でも入り込める 高い柔軟性 に進化したのが「猫」になります。

ミアキスから猫の進化

森林に残ったものは「プロアイルルス」と呼ばれる動物に進化しました。現在の猫よりも大きく、体重は10kgもあります。見た目は猫というより、フォッサに似ているらしいですよ。


(転載:ウィキペディア「フォッサ」)


その後「プセウダエルルス」に進化したのちに、「マカイロドゥス」と「シザイルルス」の2種類に進化しましたが、その内の「マカイロドゥス」はサーベルタイガーに進化したのちに絶滅してしまいました。

大まかにネコが誕生するまでの進化の過程をお話してきましたが、「トラ」「ヒョウ」などのネコ科動物の誕生にはさらなる過程があります。

ミアキスから犬の進化

草原に出たミアキスは「キノディスムス」と呼ばれる動物へと進化しました。キノディスムスは体長約1mあり、見た目はコヨーテに似ていたそうです。


(コヨーテ)


その後は「トマークトゥス」と呼ばれる動物に進化し、見た目はオオカミに似ていたそうです。このトマークトゥスからイヌ科の動物である、キツネ・タヌキなど分類し、オオカミが誕生したのちに私達の良く知る犬が生まれたとされています。

森林にも草原にも馴染めなかった生き物たち


森林に残ったミアキスはネコへと最終的な進化を遂げ、草原に向かったミアキスはイヌへと進化しました。ですが、草原生活に適応できなく、草原から森林に戻った者も中にはいるんですよ。そういった者は雑食動物へと進化を遂げたクマ科とイタチ科になります。

さらに、森林や草原に戻らず川などに流れて行った者がイタチ・カワウソになり、海に流れて行った者がアシカ・アザラシ・ラッコと呼ばれるようになりました。驚きの進化形態ですよね。犬や猫だけでなく、コアラ・ラッコ・タヌキなど、様々な動物の祖先が「ミアキス」に繋がるんです。

現代でもまだ分かっていない進化形態があります。この先もしかしたら、もっと驚きの事実が明らかになるかも知れませんね。

  • 12
    シェア
avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする