犬の黒目が大きい理由とは!?白目が見えるのはどんな時?

犬の目は白目が目立たず黒目がちでとてもかわいいですが、そもそもなぜ犬の黒目は大きいのでしょうか?今回は、その理由について探ってみました。
また、犬は時々白目の部分を見せるときがあります。犬が白目を見せるときの心理についても併せてご紹介します。

白目はどんな役割を果たすの?

人間には当たり前にある白目は「強膜」と呼ばれ、固い膜で眼球全体を保護する役割をもっています。この強膜は人間だけに限らず、ほとんどの動物がもっています。

人間の強膜は白色ではっきり見え目立っていますが、動物は奥に隠れているため外からは見えない構造になっているんだそうです。人間と同じく露出していたとしても、強膜が皮膚に近い色をしていることが多いため目立たないといわれています。

犬の黒目が大きいのは野生時代からの名残!?

現在ではペットとして飼われ、人間と共に生活をしている犬ですが、もともとは野生動物でした。野生動物の生活は狩りをして獲物を捕らえたり、敵から逃げたりなど毎日が厳しい生存競争の世界です。「食うか食われるか」命がけの状態の中、相手に視線の動きが読まれてしまうと不利な状況に追い込まれてしまいますね。

白目があると黒目がより強調されるため、相手に視線の動きが読まれてしまいます。そのため、動物たちの目は黒目がちなんだとか。もともと野生動物だった犬の黒目が大きい理由も、そこからきているのだろうと考えられています。

確かに、黒目だけなら視線の動きがよくわからないので、どの獲物を狙っているのか、どっちの方向に動こうとしているのか、相手にはわからなさそうですよね。

犬が白目を見せるのは「ちょっと嫌だな」のサイン!

犬にはカーミングシグナルといって、不安な気持ちや緊張感をあらわすさまざまなサインがあります。言葉が話せるわけではないので、犬はカーミングシグナルを使って合図を送ってくるのです。

犬が時折見せる半月状の白目は、カーミングシグナルの一つといわれていて、何か心配なことがあるときや、近づかないで欲しいときなどに見せるサインです。白目をよく見せる場面は、飼い主に叱られたときに多く見られます。これは、飼い主の様子を伺っていると同時に、自分を守ろうという気持ちのあらわれと考えられています。

また、抱っこしようと近づいたときに白目を見せるときもありますが、そういった時の犬の心理は「今はちょっと嫌だな~、近くにきてほしくないな」という気持ちが隠れています。飼い主を嫌いになったわけではなく「今は放っておいてほしい気分」ということのようです。犬にもそういう時があるんですね。

犬が白目を見せたときは、無理に近づかずそっとしておいてあげましょう。気持ちが落ち着いたら自分から近寄ってくると思いますよ。

【豆知識】人も昔は黒目が大きかったってホント?

人間の祖先も、もともとは動物と同じく黒目が大きかったようです。人間にはっきりと白目があらわれるのは、人類の進化の過程において、集団で狩りを行うようになったことが始まりといわれています。

集団生活ではコミュニケーションが大切になってきます。特に狩りの最中は声で合図することができませんから、目で合図できた方がよりスムーズに狩りを行うことができます。こうして、人間の強膜は白色で目立つように進化し、現在の目の構造が作られていったんだそうです。

「目は口ほどにものを言う」という有名なことわざがありますね。口では適当にウソを言っても、目が泳いでいることでバレてしまったり、口元は笑っていても目が笑っていなかったり、など目が語ることって本当に多いです。

声に出して伝えられないことを目で合図することができ、重要なコミュニケーションツールでもあるアイコンタクトは、白目が目立つことで成り立っているんですね。

まとめ

犬の黒目が大きい理由は、生きていくために必要な体の仕組みだったんですね。ペットとして飼われている現在は野生時代と違って狩りをする必要もありません。普段はかわいらしい黒目がちな目で人を癒してくれていますが、白目を見せているときは「放っておいて」のサインなのでそっとしておいてあげましょう。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする