犬にも味覚があるの?人とどう違うの?

私たちが食べているごはんやおやつをじーっとみている可愛い愛犬。おおきな瞳で見つめられると、つい「ちょっとだけだよ」といって自分の食べているものをあげたくなります。あげた後、愛犬がペロペロ舌で味わっているように見えるので飼い主さんも満足です。

ですが実際、人が食べているものを犬は美味しいと感じているのでしょうか。犬の味覚とはいったいどういうものなのでしょうか。

今回は知っているようで知らなかった犬の味覚についてお伝えしたいと思います。

人も犬も持っている味蕾(みらい)

そもそも私たちはどのようにして味を感じるのでしょうか。それは私たちの舌にある味覚を感じる味蕾(みらい)が関係しています。味蕾とは、味の蕾(つぼみ)と書くように蕾の形をした舌の表面にある小さな突起の集まりで、味を感じるセンサーのような働きをしています。味蕾は私たち人間だけでなく犬にもあります。ですから犬にも味覚があり「ちょっとだけ」といってあげたそのひと口を愛犬は確かに味わっているのです。ただし、人の味覚とはちょっと違っています。

人と犬の味覚はなぜちがう?

では人と犬の味覚の違いはどこにあるのでしょうか。
それは味蕾の数です。

人の味蕾の数は約9,000個。それに比べて犬の味蕾は約1,700個です。人間の1/5くらいの数だといわれています。

犬は人と同じように甘味、苦味、酸味、塩味、旨味の5種類の味を感じることができますが、味蕾の数からも分かるように、人間のような繊細な味覚は持っていません。

犬は味覚以外で食事する?

繊細な味覚を持っていない犬が、あんなに美味しそうに食べるのはなぜなのでしょうか。

実は犬にとって食事をする時、一番大切なのは「味覚」ではなく「嗅覚」だからです。犬の嗅覚は人の1億倍といわれています。この1億倍というのは犬の嗅覚の実験で、酢酸をすこしずつ薄めていったところ、1億倍に薄めた酢酸もかぎ分けられた結果の数値です。

犬はえさを食べる時、まず、くんくんとにおいをかぎます。犬はにおいをかぐことで、食べたいものとそうでないものをしっかり分けています。苦みや酸味のあるものは苦手なので口にしません。お薬をえさに混ぜても薬だけ残しているということありませんか。犬は食べなくてもそれが美味しくないお薬であることがわかるのです。

次に大切なのが「食感」です。
犬は私たち以上に食感を大切にしています。口に入れた時の食感や舌に触れる感じ、噛みごたえなどが犬にとっては味覚より大切なのです。ですから犬はどんなに栄養があるおいしいえさでも、食感によっては食べないこともあります。私たちが手にするペットフードの大きさ、形など、種類が豊富なのはそのためかもしれませんね。

犬が味覚以外で食事を楽しんでいたとは驚きです。そして驚くことがもうひとつ。それは犬が水の味を感じることができるということです。

犬が味わう水味

犬は人間ほど繊細な味覚はありませんが、人間の味覚では味わえない「水味」という感覚を持っています。水は基本的に無味無臭といいますが、実際は様々な物質が含まれています。
その味を決めるのがミネラルです。その含有量によってミネラルが多いと硬水、ミネラルが少ないと軟水というように分けられます。犬はその微妙な濃度の違いを味わうことができます。

犬の好みが硬水か軟水か、それはその子次第かもしれませんが、気をつけたいのは硬水。
マグネシウムを多く含む硬水は、長い間飲み続けると尿石症との関係もあるので、注意が必要です。何気なくあげているお水も、愛犬にとっては大切な味覚を刺激するもの。今では水も水道水だけでなく、ミネラルウオーター、天然水など種類は様々です。ラベルをチェックして、愛犬の好みにあったお水を飲ませてあげたいですね。

まとめ

味覚は人にとってとても重要です。私たち人間は美味しいものを舌で味わい、幸せを感じることができます。それは人間だけに与えられた特別なものかもしれません。犬には犬の幸せな食べ方がありました。それは私たち人間とちょっと違っていましたが、彼らも食事によって幸せを感じているのは確かです。

また食事はその場にいる人たちや環境も大切です。犬にとっても同じです。たとえ美味しいと感じる方法が違ったとしても『飼い主さんと一緒にいて、食事ができる』これは愛犬にとって何よりの幸せであることは間違いありません。確かに愛犬に与えたそのひと口は愛犬を喜ばせているはずです。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする