犬っぽい性格の猫が増えているって本当!?

「うちの猫、犬みたいなんだよね」最近よく耳にすることが多いのですが、犬っぽい性格の猫が増えているというのは本当なのでしょうか?

今回は、犬と猫の性格の違いや、犬っぽい猫が増えている理由について探ってみました。

犬と猫の性格の違いは?

以前は犬を飼っている人の方が圧倒的に多かったように思いますが、最近では猫人気の高まりのせいか、猫を飼っている人も増えましたね。犬と猫の祖先はもともと同じですが、進化の途中で2つに分かれたと考えられています。

犬っぽい性格の猫が増えた理由を探る前に、まずは犬と猫の性格の違いについて見ていきましょう。

犬は社交的で飼い主に従順

一般的なイメージでいえば「犬は社交的で飼い主に従順」ではないでしょうか。しつけをすれば、指示にはしっかりと従い、褒められることに喜びを感じています。野生時代から集団で生活していたため、主従関係ははっきりさせる性格で、リーダーと認めた飼い主に対してはどこまでも忠実です。

また、個体差はありますが、社会性の高さから他の動物とも友好的に接することができるといわれています。飼い主が呼ぶと喜んで走ってきたり、留守番の際にはものすごくさみしがったり、愛情表現が素直で豊かなのも犬らしいですね。

猫は内向的で自由気まま

猫の性格の一般的なイメージはずばり「ツンデレ」ではないでしょうか。猫は野生時代から犬と違い単独で行動する動物でした。そのため、犬のようにリーダーを作る必要もなく、相手に合わせることもしません。

飼い主だからと指示に従うこともしませんし、自分の気分次第で好きなことを好きなときにしている、といったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。たまに、ゴロゴロと猫なで声で甘えてくることもあるため、ツンデレ感にやられる飼い主さんがたくさんいらっしゃいますね。

犬っぽい猫ってどんな感じ?

犬っぽい猫とはたとえばどんな感じの猫を言うのでしょうか?有名なことわざに「犬は人に付き、猫は家に付く」というのがあります。犬は飼い主に従順で、猫は自分が安心して住める場所=家に執着するという意味ですが、最近は飼い主に従順な猫も増えているんだそうです。

また、飼い主への愛情表現も犬っぽいんだとか。たとえば、外出先から帰ってきた飼い主さんに甘えて、ベッタリとくっついて歩き離れなかったり、留守番中に玄関前で飼い主さんの帰りを今か今かと待ちわびていたり、まるで犬のような猫が多くなってきているようなんです。

犬っぽい性格の猫が増えている理由とは?

犬っぽい性格の猫が増えている理由は一体何でしょうか。考えられている理由はいくつかありますが、一番の理由は「集団生活に慣れる環境で育っている」ことがあげられるようです。

猫人気の高まりもあるせいか、最近では犬と猫の両方を飼っている人も多いですね。そうしたご家庭で生まれた子猫は、最初から犬や人との接点が多い環境で過ごすことになります。自分を犬だと思っている猫も、もしかするといるのかもしれませんね。

家で飼われている猫は、野生の猫と違い衣食住に関して何の心配もしなくていい環境にいます。家から出ることも少ないため、お世話をしてくれる飼い主さんに甘える猫が増えたのではないか、とも言われています。

また、昔は猫用の小さなドアがあり、縄張りパトロールのため自由に出入りさせるという飼い方が多かったです。しかし、最近では、外の世界に慣れていない室内飼いの猫を外に出す時には、リードをつけて散歩させるよう推奨されています。

犬のように、ハーネスとリードをつけて散歩している猫の姿を何度か見かけたことがありますが、かなり犬っぽいですよね。

まとめ

個体差や育った環境によるものも多いですが、種類によってはもともと犬のような性格の猫種もいるんだそうですよ。猫らしいツンデレな猫と、愛情表現豊かに甘えてくる犬っぽい猫。どちらにしても、見ていて飽きないとても魅力的な動物だなと思います。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする