犬がブルブル震えるのは寒いからだけじゃない!?

愛犬が震えているとき、飼い主さんがまず思うのは「寒いのかな?」ではないでしょうか。犬は寒さに強い動物と言われてはいますが、寒さが原因で震える犬は多いです。小型犬や毛が短い犬は特に、震えている姿を目にすることが多いように思います。犬が震えるのには、寒さ以外にもさまざまな原因があるのをご存じですか。

今回は、犬がブルブル震える原因についてご紹介します。

 

犬が震えるのはどんなとき?その原因とは?

犬はさまざまな原因で体が震えることがあります。寒さが原因なら暖かくしてあげればよいですが、心因的なものや体の不調が原因で震えることもあるため、犬が震えるさまざまな原因を知っておくことは大切だと思います。犬が震える主な原因と考えられているものをいくつかご紹介します。

寒いから

人間と同じように単純に「寒いから」という理由で震えることは多いです。特に体が小さい小型犬は体の熱を放散しやすいため、中・大型犬に比べると寒がりです。また、子犬や老犬も体力がない分寒さに弱いと言われています。特に体温調節が必要な季節の変わり目は気をつけてあげた方がよいですね。毛布や犬猫用のあったかグッズなどを利用して暖かくしてあげましょう。

ストレスや恐怖心・警戒心

雷や花火のような大きな音が苦手な犬は多いです。また病院嫌いな犬も不安や恐怖心から体が震えてしまう場合があります。なるべくストレスがかからないよう工夫をしてあげるとよいですが、飼い主さんがあまり神経質になるのは逆効果の場合もあるので気をつけましょう。病院嫌いの場合、待合室で待つより外で待ったほうが落ち着く犬もいます。

体の不調や病気

どこか痛いときや、感染症にかかっている可能性がある場合にも体が震えることが多いです。その他には低血糖を起こしていたり高熱が出ていたりする場合にも震えることがあります。寒さやストレスによるものと区別するためにも、普段の様子をよく観察しておくことが大切です。気温や室温、大きな音や苦手なものといった生理的・心因的な原因がない場合は、他に原因になりそうなことがないか、体を触って痛がらないか、など確認してあげましょう。震える回数が多い、継続するといった場合には一度かかりつけ病院で相談してみてくださいね。

 

わざと震えるときもあるってホント?!

大きな音や苦手なものが原因で震えたときに、飼い主さんが過剰に反応し「よしよし」しすぎると、その経験を学習しわざと体を震わせることがあります。体を震わせると「かまってもらえる」「言う事を聞いてもらえる」と犬が学習してしまうことが原因です。こうしたときは、飼い主さんをじっと見つめて震えることが多いです。

 

生理的・心因的なものや病気による震えとの見極め方

寒さやストレス、仮病(わざと震える)が原因による震えと、実際にどこか体調が悪くて震えているのを見極めてあげないと、病気が原因だった場合に大変なことになってしまう可能性もあります。

見極める目安になる主なものを以下にまとめました。

  • 生理的・心因的な環境ではないのに震えている
  • 震え以外に嘔吐や下痢など他に症状がある
  • 全く動かない
  • 体を触ると痛がる部位がある(痛いときは高くて鋭い声で「キャイン」となきます)
  • 元気、食欲がない
  • 大好きなおやつやおもちゃにも反応しない
  • 震える回数が多く継続している

この他にも普段と様子が違う場合には、かかりつけ病院で診てもらった方が安心です。

 

まとめ

犬は言葉が話せないので体調が悪くても飼い主さんに説明することができません。普段からよく観察していると、体の震えが生理的・心因的なものなのか、気をひくためにわざとやっているのか、といったこともわかりやすいです。人間と一緒で高齢になると体のあちこちに不調があらわれやすいので、ワクチンや予防接種のときなどにあわせて、健診を受けるとよいかもしれませんね。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする