日本生息の野生グマについて~駆除を減らすために人が守りたい大切なこと~

日本には本州に多く生息する「ニホンツキノワグマ」と、北海道に生息する「エゾヒグマ」の2種類の野生グマがいます。
年々、クマによる被害が増加しており、その結果クマの駆除数も増えています。

駆除されるクマは「人の生活を脅かす危険性のある問題個体」と決定されたクマに限りますが、今回は、こうした駆除を減らすために人ができる取り組みについてご紹介します。

 

日本生息の野生グマ

本州全域には「二ホンツキノワグマ」、北海道には「エゾヒグマ」がいます。どちらも「臆病で警戒心が強く頭の良い動物」で、通常は人間の生活圏内に近づこうとしない動物です。

ツキノワグマはどんなクマ?

特徴:胸元あたりに三日月模様の白い毛が生えている
毛色:黒色
平均的なサイズ:体長が1~1.5m
体重:オスで約80~100kg、メスで約50~80kg
主食:草食よりの雑食動物。植物の新芽、ドングリやブナ類などの木の実が主食の他、昆虫や動物の肉も食べる

ヒグマはどんなクマ?

特徴:三日月模様はなく(まれに袈裟懸けと呼ばれ、胸元に白い袈裟を下げているような模様がいる)、ツキノワグマに比べ体格がよいのが特徴
毛色:茶色、灰褐色
平均的なサイズ:体長1.5~2.5m
体重:オスで約150~400kg、メスで100~200kg
主食:草食よりの雑食動物。草やドングリなどの木の実、果実が主食の他、昆虫やシカ肉、鮭などを食べる(鮭が遡上する川近辺のクマだけです)

クマが人を襲う理由

クマが人を襲う事故が急増していますが、それには理由があります。

  • 通常は人間を避けて行動するが、不意に出会ってしまったときに防御本能により襲います。特に子熊を見た時は要注意で、近くに必ず母熊がいます。子どもを守るため襲ってくることが多いです。
     
  • 防御のつもりで人間を襲っている最中に、食べ物だと認識してしまったクマがその後人を狙って襲う場合があります。
     
  • クマは非常に独占欲が強く、自分の物だと認識した物に対して執拗に守ろうとしたり取り返そうとしたりする性質があるため、人や家畜など邪魔なものを排除しようとします。
     

野生グマと人との共存について

人間の生活圏内に出没し、野菜や果物、生ごみなどの味を知ってしまったクマは、同じ場所に戻ってくる確率が高いです。人に対する恐怖心より獲物に対する独占欲が強いうえ、とても頭が良く学習能力も優れているためと言われています。

クマには獲物を手にするのに邪魔なものを排除する性質があるため、その場にあらわれた住人や、外につながれている犬や家畜を襲うことがあります。人や家畜の味を覚えてしまったクマは、今度は最初から人や家畜を狙うこともあるんです。

このようなクマは問題個体とされ捕獲駆除の対象になります。地域住民の生活や命を守るために、基本的には殺処分という方法をとるしかないのが現状です。捕獲し山に放してもクマの性質上、再び戻ってくる可能性が高く殺処分するのが妥当とされています。

クマを保護する理由とは?

クマを保護する理由は、クマがいることによって、山の植物や他の動物たちの暮らしが守られているからなんです。

行動範囲の広いクマが食べた植物の種は、山のさまざまな場所に排せつ物となって運ばれ、その場所でまた新たに植物が芽吹き成長すると言われています。また、木登りの際に枝が折れることで、自然と剪定作業が行われており、植物の成長を助けているんだそうです。

豊かな森であることは、他の動物たちにとっても必要な環境ですから、クマは生態系を支える重要な役割を果たしていると考えられています。

 

共存のため人が守りたい大切なこと

クマが住宅街に出没したり、山菜採りや登山中に襲われたりといった、クマによる被害は年々増えています。相手は動物ですから、人間側が対処していくしかありません。とにかく、クマと遭遇しないようにすることが重要です。

  1. 山菜採りや登山に行く際は、クマの出没情報を確認する
  2. 山に入ったら食べ物やゴミは必ず持ち帰ること
  3. 熊よけの鈴、熊よけスプレーなど持参する
  4. 早朝や夕方、暗い時間帯は山に入らないこと
  5. 遭遇してしまった場合、ゆっくり後ずさりしながらその場を静かに離れること。
    ※絶対に大声を出したり、走ったりしない
  6. フンや足跡を見たらそれ以上山に入らず引き返し、自治体に連絡すること
  7. ゴミ出しのルールを守り、指定日以外や時間にゴミ出しをしないこと(特に生ごみ)
  8. クマに限らず野生動物に出会ったとき、むやみに近づいたり食べ物を与えたりしないこと

以上のようなことがあげられます。特にゴミを放置したり、野生動物に食べ物を与えたりすることは絶対にやめましょう。

 

まとめ

野生のクマが生息し、頻繁に住宅街に出没するような地域の自治体でも、手入れがされていない土地の管理や、電気柵を設けるなどさまざまな取り組みが行われています。私たち人間ができることは、野生動物に人が手を加えた食べ物の味を覚えさせないことです。普段のゴミ出しマナーも含め、山に入ったときのマナーを一人ひとりが意識して守ることが、不必要な駆除を減らすことにもつながるのではないかと思います。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする