日本に生息している絶滅危惧種。守るためにできること

環境破壊・異常気象・乱獲など、さまざまな原因により、絶滅の恐れがあると指定された絶滅危惧種。日本では現在3,676種もの生物が指定されています。(参考元:2019年環境省公表リスト)

近い将来、姿を消してしまうかもしれない動物たちを守るために、私たちが身近にできることは何でしょうか?

日本に生息している主な絶滅危惧種

絶滅危惧種のリスト(レッドリスト)は、絶滅する可能性の度合いごとにカテゴリ分けされています。絶滅危惧種として分類されているのが以下の通りです。日本に生息している主な生物を載せています。

  • 絶滅危惧IA類(CR)
    近い将来絶滅する恐れが非常に高い日本生息の主な生物
    イリオモテヤマネコ ジュゴン ラッコ トキ ヤンバルクイナ シマフクロウ ベニザケなど
     
  • 絶滅危惧IB類(EN)
    近い将来絶滅する恐れが高い日本生息の主な生物
    アマミノクロウサギ ライチョウ ニホンウナギ イトウ ムツゴロウなど
     
  • 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
    現在絶滅する可能性が高まっている日本生息の主な生物
    タンチョウ オオワシなど 

この他に、昆虫類や植物など数多くの生物が絶滅危惧種に指定されています。イリオモテヤマネコやヤンバルクイナ、シマフクロウ、イトウなどはご存知の方も多いかもしれませんね。

絶滅危惧種を保護する理由

レッドリストの作成は、国際自然保護連合という国際機関を中心に、世界中の何千人という研究者たちが集まり、民間団体や政府の調査票などをもとに作られています。
そこまでして、動物たちを保護しようと呼びかける理由は何でしょうか?

本来の絶滅は、生き物の進化のために必要な自然絶滅でした。それが、人間によって行われる都市開発のための環境破壊、乱獲、工場排水やゴミによる生息環境の破壊などで、絶滅のスピードがとても速まっています。

異常なスピードでの絶滅は、生態系のバランスを壊してしまうことにつながります。北海道に生息していたエゾオオカミの絶滅理由を例に紹介します。

開拓者によるエゾシカの乱獲が発端といわれています。オオカミの餌だったエゾシカが減ったことで、家畜を襲うようになります。害獣とされたオオカミは駆除されるようになり、自然災害の影響も重なって絶滅してしまったそうです。天敵のオオカミがいなくなったことで、今度はエゾシカが増えすぎ、農業被害が深刻な状況です。

生態系を守るということは、地球環境と共に自分たちの暮らしを守ることでもあるんですね。

絶滅危惧動物を守るために私たちができること

では、実際に身近なところで、私たち一人ひとりができる事は何でしょうか?

  1. 捕獲したり飼ったりしてはいけません。
  2. 外来種を捨ててはいけません。外来種の繁殖力は非常に強く、生態系のバランスが崩れる恐れがあります。
  3. 野生動物に食べ物を与えないでください。観光客が道路わきにいる野生動物に、食べ物を与えることで、味をしめた動物たちが道路に出てきてしまい、交通事故が絶えないという現状があります。
  4. 動物園や自然公園へ出かけて、実際に自分の目で見て触れることが大切です。子ども達にも、関心をもってもらえるよう山や海などにも積極的に出かけてみてください。
  5. 環境保護活動に力を入れている企業や団体を支援、植林活動やゴミ拾いなどのボランティアに参加してみましょう。
  6. ゴミを減らす努力はもちろん必要ですが、ゴミの分別も地域のルールに従って行うようにしましょう。「自分だけ真面目にやっても意味がない」と思わず、一人ひとりの意識が大きな力になるのではないかと思います。

絶滅危惧種と天然記念物は何が違うの?

どちらも、絶滅の恐れがある生物を守るために指定されていますが、ひとつだけ大きく異なる点があります。

それは調査をしてリストを見直し更新する頻度です。絶滅危惧種リストは数年ごとに見直され更新されますが、天然記念物リストは数十年変わらないんです。

そのため、天然記念物に指定されているニホンカモシカは、絶滅危惧種リストにも載っていますが、現在、絶滅の恐れは一番低いランクに記載されています。

最近では逆に増えすぎて農業被害が深刻な状態になっていますが、天然記念物に指定されているため、駆除することが禁止されていて社会問題にまで発展しています。

まとめ

動物園では、それまでの展示方法とは違って、生息地域の環境に近い形で飼育されているところが増えてきました。

動物園にいるキリンやゾウ、チンパンジーなど、人気動物たちも実は絶滅危惧種に指定されています。ガイドさんの話を聞くだけでも、関心を持つきっかけになるのではないでしょうか。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする