去勢手術をするメリット・デメリット

犬や猫を飼ったら必ず悩むことが『去勢・避妊手術問題』ではないでしょうか?

病気でもないのに、苦しい思いをさせてまで去勢・避妊手術をする必要はあるのか?なぜ手術をする必要があるのかと疑問に感じている人も多くいるのではないでしょうか。

まわりの子達がしているから、私の愛犬もと感じる人も多いかと思います。
今回の記事では、去勢・避妊手術をするタイミングはいつなのか、何歳までにした方がいいのかなど去勢・避妊手術をするメリットとデメリットについてご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

去勢手術は本当に必要な手術なのか

去勢・避妊手術をすることで、将来病気になりにくくなるんでしょう?
と大まかにご存知の方もいらっしゃると思いますが、中には・・・

  • 今飼っているペットは1匹だから去勢・避妊手術をしなくても問題ないし、オスだから妊娠することはないから大丈夫。
  • 健康なのに、手術をするなんて可哀そうだし、わざわざする必要性を感じない。

など、去勢手術に対しての知識や考え方は人それぞれです。
ただ、去勢・避妊手術をすることで得られるメリットは大きいのもたしか、これからご紹介するメリットとデメリットを比べて参考にして頂ければと思います。

去勢・避妊手術をするメリット

去勢・避妊手術をするメリットとは主に下記の通りになります。

  • 病気を未然に防げる。
  • 他人のペットや野良(犬・猫)との交配を避けることができる。
  • マーキング行動が収まる。
  • 発情症状を抑える。
  • 性格が穏やかになる。

特に大きいメリットとしては、将来かかりうる病気のリスクを減らすことです

オス:
精巣腫瘍・前立腺肥大などの(男性)ホルモンに関与する病気のリスクを低下させてくれます。
メス:
乳腺腫瘍・子宮蓄膿症などの(女性)ホルモンに関与する病気のリスクを低下させてくれます。

今は健康体であっても、いつどうなるかは誰も予測できないということです。
ただ、年老いてからこういった病気になった時に、愛犬や愛猫が必ずしも手術を受ける体力があるとは限りません。
なので、体力がある若いうちからの予防として去勢・避妊手術が推奨されている理由です。

去勢・避妊手術をするデメリット

次に、去勢・避妊手術にもデメリットがあるのでそちらもご紹介いたします。

  • 去勢・避妊手術をする際の麻酔には大きなリスクが伴う。
  • 肥満になりやすい。
  • ホルモンバランスが崩れやすい。(皮膚病などのリスクが伴う)
  • 妊娠しない。

一番の不安要素としては麻酔によるリスクと言えます。
小動物での麻酔による関連死は
・犬:0.1%~0.2%
・猫:0.2〜0.3%
と言われています。※これは麻酔によるものだけでなく、難易度の高い手術による死亡例も含まれています。
これが多いのか少ないかと言われると難しいところですが、医療の進歩により麻酔によるリスクは良くなっているのも事実です。

何歳までに去勢手術をしたらいいのか

去勢・避妊手術の適齢にはまだ明確な基準はありません。
ですが、一般的に言われているのは6か月~12ヵ月の間には去勢・避妊手術が可能となります。
※これには固体の大きさや、成熟度合いによっても多少ことなります。
病院によって異なりますが、避妊手術費用は下記のとおりです。

  • 去勢手術:1万円~2万円前後
  • 避妊手術:2万円~4万円前後

※体格の大きさや・性別など条件によってもかかる費用は変わるので、かかりつけの獣医師に相談してください。

また、早い時期に去勢手術をすることで、成長してからも子供のような活発さが抜けなかったりするという事例が挙げられています。
その他にもメス犬・猫の場合は、最低でも2歳までの間に避妊手術をすると、乳腺腫瘍のリスク低下につながるのです。
飼っているペットの大きさなどにもよりますが、理想としては1歳前後に去勢・避妊手術をするのが良いのかもしれません。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする