危ない!犬が散歩中に通りすがりの車に飛びかかる行動の意味

愛犬との散歩中に、走っている車や自転車に向かって、愛犬が急に飛びかかろうとして危ない思いをしたという飼い主さんは多いのではないでしょうか。突然、勢いよくリードを引っ張るので、ドキっとしてしまいますね。

車の運転手さんもびっくりすると思います。驚いてとっさにハンドルをきったことで交通事故になってしまう可能性も考えられますね。また、飛び出してしまったことで愛犬や自分がケガしてしまうことも。

犬の飛びかかり行動は、実はとても危ない行動なんです。なぜ、犬は突然走っている車や自転車に飛びかかろうとするのでしょうか?行動の意味や対策法についてご紹介します。

オオカミ時代からの狩猟本能が原因

犬の祖先といわれているオオカミは狩猟犬です。獲物を追いかけ捕まえて食料を得ていました。犬がペットとして飼われるようになり、狩りをしなくてもご飯が与えられる現在の環境になっても、この狩猟本能は残っていると考えられています。

本能から、動いているものを見るととっさに体が反応してしまうんでしょうね。興奮してしまうと、飼い主の声も聞こえない状態になります。小型・中型犬くらいなら抑えることもできますが、力の強い大型犬の場合引っ張られてとても危険です。

車や自転車に限らず、走り回っている小さな子どもやスケートボードなど、動くものになんでも反応してしまうクセのある子もいます。また、神経質で怖がりの性格な子は、音にも敏感な子が多く、車やバイクのエンジン音を聞き分けて飛びかかることもあるんです。

動いているもの全てに飛びかかるわけではないので、飼い主は余計に注意する必要があります。油断していると急に飛びかかり行動が始まるのでとても危ないです。

飼い主にできる対策法とは?

危険な飛びかかり行動への対策法はあるのでしょうか?飼い主さんがきちんと理解していないと、大きな事故につながる恐れもあります。

犬の習性や愛犬の性格を知っておこう

飼い主さんは犬に残っている狩猟本能をきちんと理解しておくことが大切です。人が理解しにくい犬の不思議な行動の理由には、犬の習性が関わっていることがほとんどと言われています。

「走っている車や自転車など動いているものを追いかける」、このような行動は狩猟本能が関係していると言われていますが、特に猟犬や牧羊犬などの犬種に多いようです。

自分の飼っている犬はどのような習性が表れやすい犬種なのか、どのような性格なのか、といったことをしっかり理解しておくと、色々な不思議行動(または問題行動)への対策が取りやすくなると思います。

飛びかかり行動をさせない散歩の仕方

散歩中の飛びかかり行動をやめさせるには、散歩の仕方やしつけが重要ポイントになります。自由に散歩させたい気持ちもわかりますが、それはドッグランに連れて行って走らせてあげましょう。

散歩中のポイント

  • リードは短くしっかりもちましょう
  • 必要であれば首輪ではなくハーネス(胴輪)を利用しましょう
  • 日頃から、名前を呼んだりコマンドを出したりしたときに、飼い主の目を見る「アイコンタクト」を取れるようにしておきましょう
  • 車やバイク、自転車など動くものが近づいてきたら「オスワリ」「マテ」、または名前を呼ぶなどして、意識を自分の方に向けさせるようにしましょう
  • 興奮しているときは、少し強めにリードを引っ張ったり、大きな声で名前を呼んだりして犬の意識を自分に向けさせてください

犬の本能からくる行動なので、ピタっとやめさせるのはかなり難しいかもしれません。とにかく、散歩中は「愛犬の意識を常に飼い主に向けさせる」といった練習を繰り返すことで、少しずつ動くものを見ても落ち着いていられるようになるでしょう。

ペットのケガや事故は散歩中が多い

2012年度に、あるペット保険会社が行った「ペットのケガや事故の調査結果」では、約半数の飼い主がペットのケガや事故を経験していると答えています。自宅外においては、散歩中に最も多く発生していることがわかりました。

散歩中のケガや事故にも原因は色々ありますが、犬の急な飛び出し行動は大きな事故につながる可能性があります。散歩中のケガや事故も、室内同様に飼い主さんがしっかり対策することが大切ですね。

まとめ

動くものに飛びかかるという行動は、本能からくる反射的なものなので抑えるのは大変ですが、犬にとっても人にとっても危ない行動なので、根気よく練習していきましょう。愛犬の命を守れるのは飼い主さんだけです。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする