動物の殺処分について(後編)「殺処分ゼロ」のためにできることは?

動物の殺処分について、前回は諸外国の現状についてご紹介しました。今回は、国内における犬猫の殺処分ゼロの裏で起きている問題や、本当の意味で保護された犬猫が幸せになるために、私たち一人ひとりにできることについてまとめてみました。

前回の記事「(前編)先進国の取り組みと今後の課題」はこちら

動物愛護法改正により、数年前から全国の自治体で取り組むようになった「犬猫の殺処分ゼロ」対策。「殺処分ゼロを目標に」と決められる前までは、保護された犬猫は保健所が一時的に預かり、期間を過ぎて行き場のない犬猫は殺処分されてきました。

殺処分ゼロをスローガンに掲げる自治体が増え、動物愛護団体やボランティアなどの活動により、最近では殺処分ゼロを達成している自治体もあります。その一方で、行き場のない犬猫を引き取った動物愛護団体や愛護センターが窮地に陥っているという現実があります。

殺処分ゼロ地域の現状

殺処分ゼロを達成してもそれを継続していかなければいけません。多くの地域では殺処分される予定でいた犬猫が、保護団体や愛護センターの方に流れているだけという事が多いといいます。

地域によっては、野犬が多い、飼育を手伝ってくれるボランティアが集まらないといった問題もあります。野犬は人慣れしていませんから、譲渡することも難しいです。訓練するにも専門の飼育員が必要になります。人手不足も深刻なんですね。

もちろん、殺処分ゼロを目指すのは良いことだと思いますが、本当の意味で動物を助けるためのシステムが確立されていないのに、殺処分ゼロというスローガンだけが目立ってしまった結果なのかもしれません。

自治体から流れてくる犬猫の数だけ膨大に増えていき、動物たちはもちろんのこと、面倒を見る人も心身ともに疲れ果ててしまっているといった地域もあります。人手不足により十分な管理ができず、せっかく保護しても病気で命を落としてしまうといった悲しい現状があります。

一人ひとりができる事

本当の意味で、動物たちを助けるには行政によるきちんとした取り決めが必要ですが、私たち一人ひとりができる事をやっていくことも大切な事だと思います。

  • 責任感を持って飼いましょう
    「人間と同じように命ある生き物と暮らしていく」という自覚や責任感を持つことが大切です。「可愛いから」「流行っているから」といった理由だけで飼いはじめた結果、「成長したら可愛くなくなった」「飽きた」「飼育が面倒」などといって無責任に飼育放棄する飼い主が減らないと、保護される犬猫も減りません。
     
  • ボランティアに参加する
    地域の自治体では啓発ボランティアや保護動物の世話をするボランティアの募集を行っているところもあります。愛護保護団体などでは、ホームページでボランティアを募集している団体が多いです。おおまかな作業の流れなどをきちんと問い合わせて確認した上で、ボランティア活動に参加するかを決めると良いですね。
     
  • 里親になることを考える
    自分の住んでいる地域の里親情報を探して、譲渡会などに行ってみましょう。里親情報はインターネットで「ペット 里親情報」などのように検索すると、募集情報を載せているサイトを見つける事ができます。
    また、自治体のホームページに譲渡会のお知らせを載せている地域もありますし、動物病院やペットショップなどでも里親募集をしていたりします。
     
  • 寄付をする
    犬猫の殺処分ゼロのための取り組みには資金が必要です。寄付にも色々種類があります。主には募金になりますが、お金が関わってきますので、自分で動物愛護保護団体の取り組みを理解して賛同できた団体に寄付すると良いかなと思います。
    また、最近では読み終わった本や見終わったDVDなどの査定額を、そのまま寄付金にまわすといった寄付の仕方もあります。支援物資は各団体で必要な物のリストを上げているので、リストにあるものを寄付するようにしましょう。

まとめ

今回は、保護された犬猫の殺処分ゼロについての現状や、個人でできる事について紹介しました。殺処分ゼロを願っている人はたくさんいると思いますが、そのために過酷な環境で努力している方々がいる事を忘れてはいけないですね。

私たち個人それぞれが、自分にできる事を一つでもいいので取り組んでいく事で、殺処分される保護動物が少しでも減ると良いなと思います。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする