ペットのための防災対策

東日本大震災の教訓から一家の防災対策だけなく、家族の一員であるペットに対しての防災対策も一緒に準備していますか?
多くの人は、いざ何かあったらペットを連れて非難するから大丈夫と言う気持ちが多く、人とペットで分けて防災対策を考えている人は多くはありません。
今回の記事では、東日本大震災で実際に問題になったペットの防災対策と、その事前準備に対してのお話をさせて頂きます。

東日本大震災でのペット達

東日本大震災では多くのペット達が動物保護団体などに保護されましたが、その後、元の飼い主と再会できる子は多くありませんでした。
その理由は様々ありますが、その一つに首輪などの鑑札が無いことで、ペットの名前や飼い主の特定が困難だったことがあげられます。
「飼い主が自治体などに捜索願い出せばいいのでは?」と一見思われるかもしれませんが、保護されたペットが必ずしも飼い主が住んでいる地域で保護されているとは限らず、1匹のペットを探すのは想像以上に大変なのです。
実際に、首輪や迷子札がないほとんどのペット達は飼い主が判明することはありませんでした。
特に首輪をしない猫の場合は、飼い主が見つかることは0%に等しいでしょう。

ペットと一緒に避難所に入れるのか

ペットと一緒に避難所に同行避難することは可能ですが、同伴避難することはできません。
「え?どういうこと」と思いますよね。実はペットと一緒に避難所まで来るのは良いけど、寝泊まりや待機する場所は一緒に入れないという所がほとんどなのです。
例えば小学校が避難所であれば、体育館や教室が避難所になりますが、ペットは建物の中までは入れず校庭までと言うことです。もちろん避難所によっては多少ことなりますが、基本ペットは外で待機させられます。
東日本大震災では、ペットと一緒に同伴避難できないことから車内で生活する人もいましたが、エコノミークラス症候群になるなどの問題を抱え、大変な思いをした飼い主さんが多かったのです。

ペットのための防災対策で準備

ペットのための防災対策として下記の物はなるべく準備してきましょう。

  • 鑑札・迷子札
  • タオル・ガムテープ
  • 新聞紙・段ボール
  • ゲージ
  • 非常食・飲料水
  • 靴又は足を守れる物
  • オシッコシート・マーキングシート・ビニール袋

【鑑札・迷子札】

災害時にペットとはぐれた時に鑑札や迷子札があることで身元が判明しやすくなります。

【タオル・ガムテープ】

タオルは、ペットがケガした時や避難所でマットの代用としても使えます。
ガムテープの役割は非常に大きく、ペットがケガした時の応急処置に使えるだけでなく、壊れたゲージなどの補強やガムテープをひも状にし、リード代わりとして代用可能です。

【新聞紙・段ボール】

猫のトイレや小動物を保管する時に使います。また、臨時ペットとしても代用可能です。

【ゲージ】

ゲージがあるだけで移動が楽になるだけでなく、普段から愛用しているゲージに入ることで、避難所でもペットに安心感を与えることが出来ます。

【非常食・飲料水】

避難所ではペットの餌や水を確保することは難しい状態になるので、事前に準備するといいでしょう。特にはちみつをストックすることをお勧めします。
災害時ペットも過度なストレス状態から、貧血になったり、食事をとらなくなったりと体調を崩すペットが多いのです。
そんな時にはちみつを少量ペットに与えるだけで、ビタミン・ミネラル・糖分・アミノ酸・酵素など素早いエネルギー補充をすることができますよ。

【薬】

持病がある子は日ごろから飲んでいる薬をストックしておくと安心です。

【靴又は足を守れる物】

災害時は瓦礫やガラスなどの危険物が散乱している恐れがあります。ペットがケガをしないためにもペット用シューズなどの足を守れる物を準備しましょう。

【オシッコシート・マーキングシート・ビニール袋】

避難所などにペットを連れ込む場合はエチケットとしてオシッコシートやマーキングシート、汚物を包む袋などを用意しましょう。
ペットのための防災対策として、準備出来るものは出来るだけ用意し、いざという時のために万全の状態をしておきましょう。

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする