ねこの駅長さん。たまちゃん。(後編)

和歌山県の小さな駅で生まれたノラのたまちゃん。今では世界中に愛される「ねこの駅長さん」になりました。

前回は地元の人たちに愛されていたたまちゃんが、ひょんなことから駅長さんになって廃止決定のローカル線を救うことになった経緯をお伝えしました。

今回はその続編。駅長たまちゃんのこれまでの活躍をお伝えしたいと思います。

駅長たまちゃんのお仕事

たまちゃんが勤務していた駅は和歌山電鐵(でんてつ)貴志川(きしがわ)線の和歌山駅からのどかな田園風景を見ながらのんびり電車に揺られて30分、終点「貴志(きし)駅」です。2両編成の電車が1時間に1,2本という地元の人たちに愛されるローカル線。たまちゃんは駅長さんとして月曜から土曜日の午前10時から午後4時まで、改札口にある改札台に座って駅を守っていました。

時に駅長さんらしく駅のホームを巡回することもありました。何か特別なことをしていたわけではありません。でもそれでいいのです。なぜなら駅長たまちゃんのお仕事は「お客さんを呼ぶこと」だったからです。
たまちゃんが駅長さんになってから、貴志駅には毎日毎日、駅長たまちゃんに会いたい人でいっぱいになりました。

地元の人たちが使っていた小さな駅に、全国からびっくりするほどたくさんの人が押し寄せたことは、駅長たまちゃんの努力の賜物。どんな時も「そこ」にいてみんなを迎え、しっかりお仕事していたからです。

駅長たまちゃん世界へ

日本だけでなく海外からもたくさんの人たちが訪れました。近隣のアジア、台湾、中国、シンガポールだけでなくヨーロッパやアメリカの取材もありました。
中でもアメリカの動物専門チャンネル、アニマルプラネット(世界160カ国以上で放送)が、ねこ専門番組の企画として、駅長たまちゃんの活躍を取り上げ「Must Love Cats(ねこを愛さずにはいられない)」という1時間のドキュメント番組を制作しました。

また、たまちゃんの駅長さんとしてのお仕事を見たフランスの映画監督からオファーがあり、たまちゃんは映画デビューもすることになりました。『ネコを探して』というドキュメンタリー映画です。ねこ好きに国境はありませんね。

駅長たまちゃんとの心のふれあい

たまちゃんは駅長さんとして人を呼ぶだけでなく、出会った人たちとの温かな交流もありました。
学校で辛いことが続いて、家から出ることが難しくなってしまった男の子が、お母さんと一緒にたまちゃんに会いに行きました。「たまちゃんに会いに行くなら家から出てもいい」そういったそうです。
会いたかったたまちゃんが目の前にいるのですが、男の子はムスッとしたままです。するとたまちゃんが「にゃぁ」といって、男の子にスリスリしました。男の子は「たま…。」と小さな声でたまちゃんに呼びかけました。それから「いい子だな。お仕事がんばるんだぞ」「たま、ぼく明日は学校に行ってみようかな‥。」たまちゃんが傷ついた小さな心に寄り添った温かなお話しです。

またある女性は大きな車椅子に乗ってこられました。テレビでたまちゃんを見て、どうしても会いたくなったそうです。たまちゃんを膝に乗せてもらい「いい子ね。こんなに小さいのにちゃんと働いているのね。私もがんばらなくちゃ」といいながら抱きしめました。駅長たまちゃんのお仕事はただ座っているだけではありません。たまちゃんの存在は、触れたり、会話することによって、そのぬくもりが出会う人の心に伝わり、慰めや時に力や励ましを与えてくれました。

まとめ

「駅長さんにならないかい?」ノラちゃんを助けてあげたいと思う社長さんのひと言から始まった駅長たまちゃん。もしかしたらノラちゃんのまま、どこかでたまに通る人に頭を撫でられて、のんびり暮らす毎日を過ごしたかもしれません。そのほうがしあわせだったのではないか。そんな風に思う方もおられるかもしれません。それは本人に聞かないとわかりません。

分かっているのはたまちゃんは「いつもそこにいた」ということ。逃げだそうとしたり、暴れたり、まわりの人たちを困らせることはしませんでした。たまに駅長の仕事をさぼって寝ていることはありましたが、いつもマイペース。みんながどんなに体を触っても、おとなしくじーっとしていて、声をあげたりもしませんでした。本当に駅長さんであることをしっかりと受け入れているようでした。おっとりとした性格は駅長さんに向いていたのかもしれません。

猫のいる風景は私たちの心を穏やかにしてくれます。 たまちゃんがそこにいるだけで、みんながほっこりしました。和歌山の小さな駅で、今日も駅長たまちゃんの後輩たちがお仕事がんばっています。人とねこのぬくもりを感じるこの駅に癒されに行ってみたいですね。

 

【駅長たま公式twitterアカウント】

https://twitter.com/ekichoTAMA

 

avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする