散歩のおともマナーバッグ、海外では?

散歩に欠かせないマナーバッグ。

アメリカのマナーバッグ、気になりませんか?

日本にはマナーポーチやマナーバッグ、とても沢山あります。可愛いのから、オシャレでスタイリッシュなものまで。
では海外ではどのようなものを持ち歩いているのでしょう。

海外の後始末事情

1度アメリカの方に聞いたことがあります。

「マナー袋はよくみかけますが、回収したものはどのように持ち歩くのですか?」

この質問の返事……

「きちんと回収しましたよ!という証明があのビニール袋だったりします。ですからマナー用のポーチやカバンにいれたりすることはありません。」

なるほど……そのにおいより、その回収したという証明が必要ということなんですね。欧米諸国にも落し物したままの方もいるようですが、そのようなことがあると地域(自治会クラス)で対処していくようです。罰金がある国でもそのようなことはあるようで。だからこそ、回収の「証明」が必要なんですよね。

衛生面でとても大切なマナーバッグ

排泄物の中にはやはり「菌」は存在します。それを置いていくと、気が付かない人が踏んでしまい、あちこちにまき散らします。それが感染力のある「菌」となれば蔓延することとなります。

ワクチンや薬があるとはいえ、最近は抗菌剤や抗生物質の使いすぎで、耐性菌も多くでてきました。これは人間だけではなく、ペットの世界も同じです。自分が何の気なしに放置してしまったものが、大変なことになるかもしれません。

マナーバッグはおしゃれも大事ですが、マナーが一番大事です

日本には素晴らしいマナーバッグやポーチはたくさんあります。ペットとの生活を楽しむグッズの多さは日本は1番かもしれません。お気に入りのグッズとともに、大切な家族であるペットのために、毎日快適に過ごせる国でありたいですね。

 


ライター:黒田さおり

薬剤師の資格を有し、動物を専門に栄養食やサプリメントを研究・開発をしている。海外の情報も積極的に取り入れ、自身で商品調達を行うこともある。

黒田先生がオススメの栄養食やサプリメントは、いねねこサプリ.com から。


avatar
  メールで受信  
通知する

きゅーぺっつのおすすめ記事をよむ

人気記事ランキング

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする