うさんぽで一緒に楽しく出かけよう!

ウサギは室内で飼うどうぶつだと思っている方がほとんどだと思いますが、実はウサギも気をつければ、散歩させることができるのです。
この記事では、ウサギの散歩のさせ方をメリットと気をつける点もまじえながらご紹介していきます。

ウサギは散歩させていいの?

ウサギが散歩することを「うさんぽ」といいます。ウサギは室内を好む傾向があるので、基本的にうさんぽさせる必要はありませんが、うさぎによっては外に出たがるものもいます。ではどう判断すればいいでしょうか?

ウサギの性格による

上で少し述べましたが、うさんぽさせるべきかどうかはウサギの性格で判断する必要があります。やんちゃで好奇心旺盛で人懐っこいウサギがうさんぽしたがることが多いです。よく外を眺めているウサギは、うさんぽさせてあげたほうが良いでしょう。

散歩の時間帯と時間

ウサギは体温調節が苦手などうぶつなので、早朝や夜の散歩は避けた方が良いでしょう。15時~17時までの時間帯をおすすめします。
散歩時間は10分~15分程度がちょうどいいです。長時間散歩させると体が冷えてしまったり、日焼けで毛の色が変わってしまったりするので、長くても20分ぐらいにしておきましょう。

リードは必要?

ペットの散歩の必需品といえばリードです。
特にウサギは動きが素早いのでリードは欠かせないのでは?と思う方も多いと思いますが、ウサギは臆病なところもあるので、散歩中もお出かけ用のケージのまわりをぐるぐる回ったり飼い主についていくことが多いので、リードに繋がれていない方も多いようです。ただし心配な方は、犬用のリードやハーネスを付けておくと良いでしょう。
うさんぽには、ウサギがゆったり入るお出かけ用のケージとそこに牧草と水を入れておきましょう。

次の章では、うさんぽのメリットとデメリット解説していきます。

うさんぽのメリットと気をつける点

メリット

  1. ストレスを発散になる
    1日中室内にいるとストレスが溜まってしまいますので、少しでも風に当たったり広いところで思いっきり走り回ることで、ストレス発散になります。
     
  2. 仲が深まる
    うさんぽを一緒にすれば自然とスキンシップができるので、ウサギとの仲を深めることができます。
     
  3. 社交的になる
    うさんぽをさせるといろいろな人に声をかけてもらったり、触ってもらえるので社交的になることが多いです。

気をつける点

  1. お腹を壊しやすくなる
    うさんぽでお腹を冷やしたり、ゴミや人間の食べ物を食べてしまうとお腹を壊して下痢をしてしまうので、しっかりと見守らなければいけません。
     
  2. 疲れる
    うさんぽは体力を使うので疲れます。ですので、帰ったらしっかり休ませましょう。
     
  3. 癖になる
    うさんぽは、癖になるウサギもいますのでいつでも散歩できるようにベランダや庭に散歩できるスペースをつくってあげると良いでしょう。

まとめ

うさんぽはウサギの息抜きになりますので、無理のない範囲で一緒にいろいろなところに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

🐇きゅーぺっつマガジンのうさぎの記事をよむ🐇

ウサギとの遊び方~いろいろな方法で遊んで仲良くなろう!

ウサギを飼うなら知っておきたい!ウサギの習性やしぐさの意味

ウサギを長生きさせる秘訣!!