ミーアキャットはペットとして飼える!? ミーアキャットの生態と飼い方とは?

ライオンキングでティモンのキャラクターとして有名なミーアキャットがペットとして飼育できるのをご存じですか?ミーアキャットは小さくてとても可愛らしいですよね。今回はそんなミーアキャットの生態と飼い方についてお話していきます。

ミーアキャットの生態

ミーアキャットの体長は25~31㎝前後で、体重は620~800g前後になります。
ミーアキャットは、南アフリカ共和国やアンゴラ南西部などのサバンナや岩などが多い荒地や砂漠に生息しており、地中に巣穴を掘りそこで家族や群れで生活しているのです。
ミーアキャットは後ろ足で立ち上がる姿が有名ですがこれは、日光浴やコブラなどの外敵から身を守るための監視をしていると言われています。天敵を見つけた時は仲間同士鳴き声で知らせ合ってコミュニケーションをとっているのです。
ミーアキャットは雑食性で、クモやサソリなどの昆虫・蛇などの爬虫類・小型哺乳類・植物の茎や果実などを食べています。
ミーアキャットの寿命は10~15年ほどで猫や犬と同じくらいです。

ミーアキャットの飼い方

ミーアキャットを飼う時は大きめのフェレット用のケージで飼育できます。トイレのしつけは出来ませんが、ある程度同じ場所で排泄する習性があるのでトイレも用意してあげましょう。
ミーアキャットは穴を掘って巣を作る習性があるので、牧草やトンネルを入れてあげるとストレス解消になります。また、ミーアキャットは砂遊びをするので、チンチラ用の浴び砂で遊ばせてあげましょう。
食べ物は雑食性なのでキャットフードやドックフード・季節の果物や野菜などバランスよく与えてあげて下さい。

ミーアキャットの飼い方の注意点

ミーアキャットを飼育するのに大事な温度管理について。

ミーアキャットはサバンナなどの暖かい場所に生息しているため、寒さに非常に弱い生き物です。飼育の適温は28度前後なので、ペットヒーターやエアコンを付けて適温を維持してあげましょう。25度を下回ると体力を消耗してしまうので注意しましょう。また、ミーアキャットの健康維持の為にも、日中は日向ぼっこをさせてあげましょう。

ミーアキャットはしつけが出来ません。

ミーアキャットは犬のようにしつけは出来ないので、ケージから出す時などは目を離さないよう注意しましょう。

ミーアキャットは野生動物という事を忘れずに!

ミーアキャットは群れで生活していて社交性があるので人懐こいです。しかし、「サバンナのギャング」と呼ばれているほど気性が荒く、野性味が強いので、慣れているからと油断しないようにしましょう。ミーアキャットの牙は鋭く噛まれたら大ケガをする恐れがあるので注意して下さい。
また、雄のミーアキャットはマーキングする習性があるので臭いは覚悟しましょう。

事前に動物病院を探しましょう。

ミーアキャットはペットとして認知度が低いため病気の時に診てくれる獣医さんは少ないのです。なので、飼う前に事前に診てくれる獣医さんを探しておきましょう。また、ミーアキャットは狂犬病の媒介もするので予防接種はきちんと行いましょう。

まとめ

見ていて可愛らしいミーアキャットですが、飼育するとなるといくつもの注意が必要になります。また、人に慣れやすいですが、いつ野生の凶暴性が出るか分からない危険もあります。寿命も犬や猫のように長いので、飼う場合は最後まで面倒を見る覚悟が必要ですね。

 

🐇きゅーぺっつマガジンの小動物の記事をよむ🐿

ハリネズミの温度管理 寒さ対策と暖房アイテム

うさぎがかかるアレルギーってどんなものがある? ~アレルギーの種類ごとに症状を徹底解説~

フェレットを多頭飼いするときの注意点やポイント