人気NO.1ペットウサギ、ネザーランドドワーフの魅力に迫る!

今回は、ペットウサギの中でも1番人気のネザーランドドワーフの魅力をたっぷりとご紹介します。ウサギを飼うことを検討している方はもちろん、初めてペットを飼いたいと思っている方、マンション等の賃貸物件でペットを飼うことを希望している方にもネザーランドドワーフはとてもおススメです!特に犬や猫を検討していて、ウサギは選択肢に入れていなかったという方にこそ、この記事を読んでネザーランドドワーフの魅力を知っていただきたいです!

ネザーランドドワーフの魅力とは

ミニウサギで大きくなりすぎない

動物園や小学校の飼育小屋などにいるウサギは、思いのほか大きいので、ウサギは大人になると大きくなると思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?あのサイズになると想像してしまうと、買うのはちょっと……と躊躇してしまいますよね。
実際、ペットウサギの中でも特に大きく育つ、フレッシュミニジャイアントという種類のメスの理想体重は6.3キロにもなります。

しかし、ネザーランドドワーフは、ペットウサギの中でも最も小さいのが特徴です。大人になっても平均体重は1キロ、全長も25センチと小型なので飼いやすく、安心です。いつまでも小さいままで、とても可愛いです。膝の上で小一時間程度お昼寝させても全く疲れません。

ただ、それは純血種の場合です。雑種の場合は予想以上に大きくなってしまうこともありますので、よく確認する必要があります。

活発で好奇心旺盛!

ネザーランドドワーフは、個体にもよりますが、ペットウサギの中でも特にやんちゃで好奇心旺盛な子が多い種類です。

見慣れないものや新しいおもちゃにはすぐに興味を示し、与えた瞬間から鼻先でツンツンしたり、かじったりと遊んでくれるので、飼い主としても新しいグッズを用意するのが楽しみになりますよ。

なつきやすく初心者でも飼いやすい!

ウサギは鳴き声で自己表現をすることがないので、感情表現がわかりにくいと思われるかもしれませんが、実はとっても感情豊かな生き物です。

楽しい時はジャンプしたり、甘えたい時は飼い主の手をぺろぺろ舐めたり、鼻先でツンツンしたりと、鳴き声が出せない分は行動でしめしてくれます。

人見知りするので最初は少し臆病なところもありますが、慣れてしまうと飼い主の後をつけて回ったり、ケージの中から飼い主の様子を伺ったりと、とっても可愛いですよ。

頭がよくしつけがしやすい

自由奔放に生きているように見えるネザーランドドワーフですが、実は結構頭が良く、飼い主が正しく教えれば、トイレの場所も覚え、自分から体重計に乗るようにもなります。

ウサギは寂しいのがストレスになると言われていますが、飼い主が出かける時に「行ってきます」、「遅くなるね」などと毎回声をかけるようにすると、ウサギも状況がわかるようになり安心するようです。

また、同じ名前で何度も呼んであげることで、ウサギも自分の名前だと認識するようになります。名前を呼ぶとこちらに駆け寄ってきてくれる姿はとても可愛いですよ!

静かなのでマンションでも飼いやすい

ウサギ全般に言えることですが、ネザーランドドワーフは犬や猫のように鳴くことはないので、集合住宅でも周りに迷惑をかけることはないです。

ウサギは元々夜行性のため、夜中に走り回ることはありますが、ネザーランドドワーフは体重も軽いのでそこまで気になる音はしません。心配な場合は騒音を吸収するようにマットを敷いておけば大丈夫です。

さらに、飼っているうちに、ウサギの方が飼い主の生活リズムに合わせて生活するようになってくれますよ!

初めてペットを飼う方もネザーランドドワーフがおすすめ!

今回はネザーランドドワーフの魅力5つをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ネザーランドドワーフは人懐っこく、トイレや自分の名前もきちんと覚えてくれるので、今までペットを飼ったことがないという方でもとても飼いやすい、おすすめのウサギです。

犬や猫が飼いたいけど、生活環境などの理由で無理という方にも、静かに飼えるネザーランドドワーフはおすすめです。最近はリードをつけての「うさんぽ」も流行っているので、一緒に外に出かけることもできますよ!

本当に可愛いので、周りで飼われている方がいらっしゃるのであれば、まずはぜひ触れてみてください。

 

🐇きゅーぺっつマガジンのうさぎの記事をよむ🐇

ロップイヤー(うさぎ)の性格と飼い方

ライオンラビットの飼い方~ふわふわの毛並みがかわいい人気のうさぎ

ウサギがかかりやすい4大病気と体調が悪いときの4つのサイン