マンチカンと一緒に暮らす前に知っておきたいこと

まるで猫界のダックスフンドとも言わてれいる胴長短足の猫【マンチカン】は、近年人気の猫種として知れ渡り、飼育者数も増えてきました。しかしこのマンチカン、可愛いだけなはなくある問題も抱えているのです。ここでは、マンチカンを飼うにあたり知っておきたいことを紹介していきます。

マンチカンの性格や特徴を知ろう

愛らしい姿が特徴のマンチカンですが、マンチカンとはそもそもどんな性格の持ち主なのでしょうか。

性格

マンチカンは、とても好奇心旺盛な性格の持ち主で社交性もあることから、多頭飼育にも向いていると言われています。また、甘えん坊で人間に懐きやすいことから、猫を飼うのが初めての方でも飼いやすい猫種でもあります。

しかし、どんなに好奇心旺盛でも大きな音などには敏感で警戒心を抱きます。とくん、掃除機の音は苦手なので、一緒に暮らす際は大きな音に気を付けましょう。

特徴

マンチカンの最大の特徴は、なんと言っても猫界のダックスフンドと言われるほどの【胴長短足】です。また、胴長短足であっても、活発に動くことが大好きなので、ジャンプするのが得意です。ちなみにこの胴長短足は、遺伝子の突然変異から生まれたのもです。

マンチカンには遺伝病があるって本当?

実は、マンチカンにはマンチカンにしかな遺伝病を発症するリスクが高いと言われています。ここでは、マンチカンに遺伝病について紹介していきます。

骨軟骨異形成

遺伝子の突然変異によって誕生したマンチカンです、骨軟骨異形成という病気を生まれた時から抱えています。ちなみにこの骨軟骨異形成、遺伝子が原因で骨が十分に成長しないことを言います。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、背骨の間でクッションの役割を担っている椎間板が、背骨に負担がかかることで変形し発症する病気です。猫界のダックスフンドであるマンチカンは、胴長短足のため、長い胴を短い足で支えることで、自然と負担が掛かってしまいます。その結果、他の猫に比べ椎間板ヘルニアを発症する確率も高いのです。

遺伝病は防ぐことができるのか

予防法があれな予防をしたいし、治療法があるのであればきちんと治療をしてあげたいですよね。ここでは、マンチカンの遺伝病の治療法や予防法について紹介していきます。

予防法について

  • 骨軟骨異形成の場合
    残念ながら、マンチカンは骨軟骨異形成で誕生した猫のため、予防方がありません。そのため、病気を発症してから治療を行うようになります。
  • 椎間板ヘルニアの場合
    椎間板ヘルニアの場合は、足や背中の負担を軽減させてあげることで、発症を食い止めたることができます。例えば室内の床をフローリングからカーペットやラグにしてあげるだけでも違います。

治療法について

  • 骨軟骨異形成
    骨軟骨異形成は、残念ながら治療をしても完治することはありません。そのため、病気とうまく付き合いながら、痛みをコントロールしていく必要がりあります。
  • 椎間板ヘルニアの場合
    椎間板ヘルニアの場合、多くのケースが痛み止めを飲みながら様子を見ることが多いのですが、重度の椎間板ヘルニアの場合は手術をすることもあります。

まとめ

このように、マンチカンを家で飼うためには、性格はもちろん掛かりやすい病気も把握しておくことが大切です。そして何より、日々の変化を見逃さないようにするだけで、ちょっとした変化にも気付けるようになります。そのため、異変を感じたら、早期発見・早期治療をし、愛猫との楽しい生活を過ごして下さい。

 

🐱きゅーぺっつマガジンの猫の記事をよむ🐱

ヒョウ?トラ?いいえベンガル猫です♪

ラガマフィンはどんな猫?いつまでも抱っこしていたくなる、愛らしさ溢れる猫。

ラグドールの特徴と飼い方~生きているぬいぐるみのような猫種~