ペットとして人気!賢さと可愛さを持つミニブタの魅力

ミニブタは可愛いペットとして最近では飼う人が増えています。可愛いだけではなく、とても頭がいいので人に懐くのが早いです。可愛くて懐くのが早ければペットとして飼いたいと思う方も多いでしょう。
ミニブタが持つ特徴、ミニブタの飼い方についてご紹介していきます。

ミニブタの特徴とは

甘えたがりで賢い性格

ミニブタは飼い主に甘えたがりの性格のため懐きやすく、とても飼いやすいです。寂しがりで甘えん坊なミニブタは癒しの存在になるでしょう。
おすわりなどの芸を覚えるほど賢いということもあり知能は犬以上です。しつけをすればトイレの場所もしっかりと覚えてくれます。
ただ臆病なところもあるため、大きな音や声にはびっくりしてしまうことがあります。

力はとても強い

ミニブタはとても力が強いため、飼い主がケガをする場合があります。
その力は犬や猫よりも強いと言われ、鼻を力いっぱい押してくる行動をします。この鼻押しは餌が欲しい時や甘えたい時などに見られます。

意外と大きくなる

ミニブタと聞くと小さなブタを想像するでしょう。ミニブタは成長すると15~40kgほどになります。
餌代も他のペットに比べると高い方で月に1万ほどかかります。そのため飼育を考える方は毎月1万ほど餌代がかかるということを覚えておきましょう。

お散歩が大好き

ミニブタは散歩が大好きで散歩を必要としています。散歩時間は飼育環境により異なりますが、できるだけ毎日20分ほど散歩してあげましょう。
散歩の時間は夏場であれば夕方などの日差しが弱い時間がおすすめです。
目の前にあるものはなんでも食べてしまうため散歩の時は拾い食いに注意しましょう。

体温調節が大切

ミニブタの皮膚には汗腺がないためミニブタは熱中症にかかりやすいです。そのため日差しが強い日には服を着せてあげるといいでしょう。
冬場もセーターなどを着せてしっかりと体温調節することが大切です。

飼うためのスペース

ミニブタを飼うためには飼育スペースを確保することが大切です。ケージで飼育の場合大きくなることを考えて大型犬のケージを使用しましょう。
ミニブタはキレイ好きなので、ケージはトイレと寝床を分けられるものが好ましいです。
基本的に雑食ですがミニブタ専用フードは必要な栄養素がバランス良く含まれているためおすすめです。

長生きの秘訣

ミニブタの寿命は10年~15年ほどと言われています。長生きさせるためには飼育する上で飼い主が気を付けなければいけないことがあります。
長生きの秘訣、それは食事を与えすぎないことです。ミニブタは食欲旺盛のため肥満になりやすいです。そのため飼い主が食事を与えすぎることで病気になりやすくなります。

ミニブタの飼育はこんな人におすすめ!

ミニブタは落ちているものを拾って食べてしまうほど、なんでも食べてしまいます。そのため家庭菜園をしている人やお子様がいる場合、食べかけのお菓子などミニブタの近くに置かないよう注意しましょう。
懐きやすい性格ですが、思った以上に大きくなるため飼育が難しいということもあります。
ミニブタが運動不足やストレスを溜めないためにも散歩が必要なので、しっかりと散歩ができる人や、体温調節などの健康管理を気遣える人がミニブタの飼育に合っています。