人気NO.1ペットトカゲ、ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコウ)の魅力に迫る!

ヒョウモントカゲモドキは爬虫類の中でも飼育が簡単な種類で見た目も小さくカラーバリエーションも豊富でとても人気が高いです。爬虫類ペット会などに行けばたくさんの品種のヒョウモントカゲモドキと出会えます。
この記事ではそんなヒョウモントカゲモドキの魅力と簡単な飼育のコツを説明します。

ヒョウモントカゲモドキの魅力とは

小柄な種類なので見た目がかわいく しぐさがゆっくりしていて、ケージの中を動き回る姿を見ていると、とても癒されます。慣れてくるとハンドリングができるようになったり、とても人気が高い種類です。

小型種なので大きくなりすぎない

基本的に小型種なので大きくなりすぎないところも人気が高い理由のひとつです。小型なのでケージの大きさも45×45センチあれば問題なく飼育できます。特に高さを必要とする種類ではないので飼育ケージに困ることもありません。
通常のサイズだと大きくても25センチ程度ですが、大型のヒョウモントカゲモドキは30センチ前後の大きさで、ややレアですが、マニアの間では非常に人気です。

活発で好奇心旺盛

一言に活発と言っても「爬虫類の中では」という見解になりますが、よく動きます。比較的ゆったりとした子が多いです。お迎えして間もないときはシェルターに籠ってあまり顔を出さないことが多いですが、慣れてくると所かまわず寝たり、ハンドリングの最中に掌の上で寝るなんてこともあるくらい慣れてくれます。慣れに関しては、焦らずじっくり時間をかけてあげることがトカゲにとっては大切です。

環境に慣れやすいので初心者でも飼いやすい!

爬虫類は基本的にしつけができるものではありません。ですが慣れることが出来る種類はあります。このヒョウモントカゲモドキも慣れることができる種類です。慣れる前は餌を与えるのも少し苦労すると思いますが時間をかけてゆっくりと飼育していればすぐに慣れてくれます。

糞の場所を覚えるのでケージの掃除がしやすい

このヒョウモントカゲモドキはトカゲの中でも珍しく糞の場所を覚えるようです。どういうことかというと、ある程度飼育していると糞の場所が一カ所に集まってるような状態になります。なのでケージの掃除が非常に楽です。あちこちに散らかして、なんてことがまずないので、糞を見つけたらピンセット等で取り除いてあげましょう。

静かなのでマンションでも飼いやすい

鳴くような種類ではないのでまず騒音は問題なく、マンションでも飼育できます。それと小さいので足音などの物音も聞こえませんし、ヒョウモントカゲモドキが小さいので場所を取りません。一人暮らしのマンションなどで飼育するには全く問題のない種類と言えます。

初めて爬虫類を飼う方もヒョウモントカゲモドキがおすすめ!

飼育に必要な道具等は、専門店に行けばすぐに用意できるほど簡単なもので大丈夫ですし、爬虫類を初めて買う方で、この種類から入る方はとても多いです。マニアの方でもこの種類を何年も飼育している方がたくさんいます。そのくらい飼育しやすく、とても奥が深い種類です。

ヒョウモントカゲモドキ用の人工エサも出てるので、餌でコオロギなどを飼育するのに抵抗のある方でも難なく飼育できます。

たくさんのカラーバリエーションがあり、ノーマルな個体から真っ白な個体、大きさでは「ジャイアント」と呼ばれ最大で30センチを超えるような個体まで、非常に多くの品種が出回っている種類です。これだけ多くの個体が出ているので、直感で選んで飼育した方が、寿命も長い種類なので最後までかわいがって飼育できるはずです。

 

🦎🐍きゅーぺっつマガジン爬虫類の記事をよむ🐍🦎

爬虫類が脱皮する意味は?その頻度と、飼い主にできること

実はとっても飼いやすいカメ!飼育初心者でも簡単に飼えます!