ゴールデンレトリーバーを家族に迎えよう

プードルやチワワなどの小型犬が人気を占める国土の狭い日本で、毎年常に上位の飼育頭数を維持し続けている大型犬が「ゴールデンレトリーバー」です。
大型犬を飼育するとなると、大きな庭がついている家でないと・・・そのような声が聞こえてきそうですが、その必要はありません。
ゴールデンレトリーバーは家の中で人と生活を共にすることで幸せを感じ、健全な心と体を保つことができる犬種なのです。
大型犬でありながら日本で人気のある秘密がそこにあります。
今回はトリマーの筆者が、ゴールデンレトリーバーの作られた歴史から探る人気の秘密とその性格や飼い方、お手入れに至るまでを紹介します。

ゴールデンレトリーバーの歴史

名前も見かけもよく似たラブラドールレトリーバーとは全く別の犬種で、ウェイビーコーテッド・レトリーバー、アイリッシュ・セッター、ブラッドハウンドを交配して、水鳥専門の猟犬として作出されたイギリス原産の犬です。
ハンターが撃ち落として湖に落ちた水鳥を口にくわえて回収(レトリーヴ)して陸地まで持ち帰ることを仕事としていて、長時間冷たい水の中で作業をしても体が冷えない被毛の作りと、人間の指示に忠実に服従して一緒に作業ができることを喜びとし、自分で考えて判断をすることができる賢さも持ちあわせた猟犬です。
現代ではその賢さと人間に忠実である飼いやすさから、主に愛玩犬として世界中で人気犬種となり飼育されています。

ゴールデンレトリーバーのサイズ・毛色・性格

オスは肩から地面までの体高58〜61cm、体重29〜34kg、メスは体高54〜57cm、体重24〜29kgの大型犬サイズです。
毛色は明るいクリーム色から暗い赤金色までの濃淡があり、陽にあたるとキラキラと美しくきらめきます。
また被毛は羽毛のように柔らかく短い下毛と、太さがあり長い上毛からなるダブルコート(二重毛)なので、水に入っても皮膚まで水が浸透しにくく、体が冷えない構造です。
人と一緒に仕事をすることを喜びとし、人に同調することを得意とする犬種なので、子供からお年寄りにでも扱いやすく、長時間の猟にも耐えうる忍耐力と体力も兼ね備えた性格です。

ゴールデンレトリーバーの飼い方とお手入れ

前述したように、ゴールデンレトリーバーという犬種は人との関わりに幸せを感じるので、外飼いではなく家の中で飼育しましょう。
ただ元々猟犬であることから体力があり、運動不足になるとストレスを感じたり肥満につながったりするので、散歩の時間はしっかりと取り、また回収作業(レトリーヴ)欲求が満たされるようにボール投げなどを運動に取り入れてあげるとよいです。
またダブルコートいう被毛の構造上、シャンプーの時になかなか皮膚までお湯が浸透しないので、しっかりと濡らすことが大事です。
そして季節の変わり目の換毛期はブラッシングを特に念入りにしてあげましょう。

ゴールデンレトリーバーを家族に迎えよう

大きな庭がなくても家の中で十分に飼育ができる大きな体の甘えん坊「ゴールデンレトリーバー」を家族に迎えて、濃厚なゴールデンライフを楽しみましょう

 

🐶きゅーぺっつマガジンのゴールデンレトリーバーの記事をよむ🐶

ゴールデンレトリバーの性格タイプとジャストな洋服の選び方

ペットというより家族?魅力的すぎるキャリアチェンジ犬

日本でよく飼われている大型犬5種、それぞれの性格や特徴をまとめてご紹介!