初めての歯磨き

みなさんは、愛するわんちゃんに歯磨きをしてあげていますか?
人間が毎日歯磨きをするようにわんちゃんにも歯磨きが必要です。
しかし、歯磨きの習慣がないわんちゃんは、ブラシで歯を磨くことになれていません。
ここでは、わんちゃんを歯磨きに慣らしていく手順を、ご紹介します。

まずは触らせることから慣らしましょう

まずみなさんに頭に入れておいていただきたいことは、口はわんちゃんにとって「弱点」だということです。弱点ということは触られるのを嫌がっても当たり前ですよね?
「うちの子は口を触るのを嫌がるのよ」とか、「他の子はいい子にしているのに」など、できないことを悪いことのように言わないであげて下さい。できなくて当たり前、できる子は訓練をしてできるようになっているのです。

歯磨きをできるようになるには、口に触られることに慣らすことから始めていきます。普段触れ合っている時のように体をさわりながら、徐々に口の方に手を近づけていき、少しだけ触ってみてください。
触られても嫌がらなければ、思いっきり褒めてあげましょう!
嫌がるようなら今日はここでストップ。

この繰り返しで、だんだんと触る時間を長くしていきます。
長い時間触っていてもいやがらないようになったら、唇をめくってみましょう。
唇をめくる→歯や歯茎をさわる→歯の裏側をさわる、と少しずつすすめていきますが、最初と同じで、「できたら褒める」「嫌がったら終わりにする」をしっかりとしてあげましょう。

また歯ブラシは使いません!

「歯の裏側まで触れるようになったら、さあ歯磨き!」
…とはいきません。

今まで指で触られていたのが、いきなり歯ブラシになったら、びっくりしてしまいます。
わんちゃん用の歯磨きシートというものを使って、歯を磨かれることに慣れさせていきましょう。シートは指に巻いて使います。シートを巻いた指で、さわる練習をしていた時のように少しずつ触っていきます。
シートを嫌がったりしなければ、奥の方や裏側まで触っていきましょう。強くこすろうとすると嫌がってしまいますし、なでる程度の力でも歯磨き効果はありますので、力加減には注意しましょう。
また、歯磨きシートには厚さや大きさなど、様々な種類がありますので、わんちゃんの大きさや、飼い主様の手の大きさなどによって使い分けるようにしましょう。

歯ブラシに挑戦

歯磨きシートで嫌がらないようになれば、いよいよ歯ブラシでの歯磨きに挑戦です!

歯磨きを使い始めるときにも、徐々に、が大切です。歯ブラシを見せてみて、左右に動かしたりして、興味を持たせましょう。
歯ブラシを怖がらないようになったら、前歯だけ、上の歯だけ、など、少しずつ歯ブラシで磨いていき、だんだんと奥歯や歯の裏側まで磨いていきましょう。
かじらせてはいけない、と思う飼い主様もいると思いますが、歯ブラシをかじるだけでも歯磨き効果はありますので、かじるのをむやみにやめさせる必要はありません。

わんちゃんの将来のためにも、歯磨きを

わんちゃんが健康に過ごして行くには、食べることが大切です。
高齢のわんちゃんの大半が歯周病にかかってしまっています。
歯周病は最悪の場合、歯が抜けてしまいますので、ご飯を食べることも難しくなってしまいます。
食べることはわんちゃんにとって楽しみの1つでもありますよね。
若い頃からしっかりとケアして、わんちゃんが高齢になった時でも、健康に過ごすことができるようにサポートしてあげましょう。

 

🐶きゅーぺっつマガジンの他の犬の記事をよむ🐶

犬の歯磨き道具